カサヤンと散財したり沈丁花/ラヴァ ケスクス

久々にカサヤンとデート☆
この数年来、斜め掛けのバッグがほしくて、やっぱり、えるめすたんのあれを買うしかないのか・・・しかしあれには一眼レフが入らないじゃないか・・・だいたいショルダー部分が短いし・・・あたい上背があるし・・・などと煩悶悶々しておりましたところ、ミッドタウンという格差社会の権化みたいなビルのバス停がどうたらこうたらというお店で、ぎゃばーん、ステキバッグを発見! しかし、お値段が格差社会! 店員さんが近寄ってきて「このバッグ、かわいいですよねー、フランス人デザイナーが作っているんですよ」、えぇー、でもタグにはメイドイン韓国って書いてあるよぅー・・・・で、振り出しに戻る。
そんで今日、カサヤンがこっちにきたので、「ちょっとヒルズに行かないかね」と誘い、雑貨屋さんやらをパトロールしたのちに、ノースタワー4階森タワーのウエストウォーク4F・クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ向かいの小さな鞄屋さんを襲撃! 
※赤字は訂正箇所です。ご指摘いただき訂正しました。
ほら今不況じゃないっすか、みなさん財布の紐がかたいじゃないっすか、そこでこの鞄屋さん、一万円で買えるバッグを多数多色展開しているんですよ、ふんがー!!! 実はこのお店、バッグのSACさんがやっておりまして、革の染色とかほんっときれいで、デザインもこなれていて、このシリーズは値段を考えるとレベルが高いっす。ちょっと小振りなお散歩のお供に最適なサイズのバッグが、空色、若草色、もぐら色、白色、桃色などでラインナップ中! ぎゃばーん、あたいこの若草色のを買うよぅーとお財布を出した瞬間、ブルーのエディターズバッグっぽいのが目に留まる。
 うっ!!!!
てんで、そっちを買ったんですけどね、えぇ、なんというのかしら、スペインで暮らしている江波杏子似のおばさまが、日本に帰ってきたとき「ヌマエに似合うと思って」とお土産に買ってきてくれたような、そぎゃんバッグですたい。幸せの青い鞄はヒルズにいたよ。
女の子の店員さんがバッグに本当に愛情があって、知識も豊富でとても楽しいお買い物時間が味わえると思うよ! 自社商品に愛と誇りがないとダメなんだよ、今はそういう時代なんだよ、そうじゃないものはバレちゃってるからお客さんがつかないんだよ、ほんとだよ! これからは愛と誇りと志だよ!
ラヴァ ケスクスってお店です。ちょっとヨーロッパっぽい、むつかしくてステキな色のバッグが多いです。ぜひ一度! 向かいのハンカチーフ屋さんもよろしく!
SACさんのオンラインショップはこちら。
・今回買ったバッグと同じシリーズのオンラインショップにはないみたい。
・渋谷マークシティにも同じお店がありますが、商品ラインナップがちょっと違って、ヒルズのほうが大人目だそうです。

4 Comments

カサ・さくえ

ヌマエのあのバッグはとてもいいものだと思うー。
あんな風な色、日本であんまり見ない。
パリの郊外で自分の好きなものだけに囲まれて暮らす女性
というイメージで是非!
あたいもつられて散財したよー!ギャー
おうちの人にはまだ言ってない。

ところで前のエントリのとりぱん(ご紹介有り難う)、カバーの地のイエローが見事にバラバラですな~。
毎回印刷で色を揃えるのに苦労しても、webだとこうなるのね。

返信する
スガ

>パリの郊外で自分の好きなものだけに囲まれて暮らす女性
しゅてき! 
あのブルーは単純じゃない色で見ていて飽きないです。ああいう染めのセンスって、革のこともバッグのこともよく知っててからこそのものだと思うのよね。大量生産品って感じがしないところもポイントです。
おうちの人に怒られたら、「ヌマエに買えって脅されたんだもん、わーん」と白状するといいと思うよ! 効果のほどはわからないけどね!
ところで、楽天ブックスさんは商品写真のサイズをきっちりそろえてほしいわよね! 色も大変なんだと思うけど、あれじゃひどいわ! とりぱんももう8巻だとはぬかりましたわい。今度全巻そろえて読んでみます。

返信する
khaki

そのお店は森タワーのウエストウォーク4Fです…これを読んでお出かけの方があるとアレですので一応。
ハンカチ屋さん、姪の誕生日用にイニシャル刺繍を入れてもらいました。とてもよくしていただきました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください