見いつけた 小さい秋の消失を/春に買った革ジャンが一瞬しか着られなかったお話

(リック オウエンス) rick owens レディース トップス ワンピース draped-back jersey dress 並行輸入品

革ジャンとかライダースジャケットって大変便利でよいことは理解しているのですが、若干暑がりなわたくしは、革ジャンを羽織ったときの熱から逃れることのできなさっぷりに辟易してまして、室内だと暑いー → 脱ぐ → 手に持つ → 手が塞がる → 重い → 早く家に帰りたい → 帰る → 猫よ、私の暑がりっぷりを理解してくれるのはお前だけだよ → ふざけんなババァ寄ってくるんじゃねぇよ、ふぎゃー → バリバリバリ → ぎゃー背中にー傷がーという無間地獄のインファナル・アフェア。この歳になってまで納得の行く「風は通さないが薄くて軽い」革ジャンに出会った試しがなく、モニョモニョしていたところ、リック先生の革ジャンが海外のサイトでバーゲンになっていたところを見つけ、輝けクレカきらめけ青春そして届いたラムスキンジャケット。軽い薄い快適だ! これはすてき、シルエットもよい、腕のところがニットになっているのであがきもよい、うふふふふ。こんなに具合の良いものがあるなら人生のもっと早い段階で流通していてほしかったわよねー。 

とか思って10月は毎日のようにこれを着ていたのですが、伊勢丹タンの店頭の女性が「コートの中に着ることができるくらい薄いので」とおっしゃっていたのを先日、思い出しました、えぇ、なんというのでしょう、薄いんです寒いんです。風は通さないけど、薄く薄くなめされたラムスキンはやっぱり寒いんです。ラムスキンの上に昌幸パッパのワイルドジレとか羽織ったほうがいいのかしら。もっと言うと着られる時期が10月4月の2ヶ月だけなのでは? ええええーご無体なリック先生ごむたいなー!!!! 

とかいってたら昨日はダウンジャケットを着始めた人をたくさん見かけました。秋の消失。冬の到来。まだ11月にもなってないのに。秋はどこに行ってしまったのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください