やられてもなにもしなくて泣き寝入り/映画「鍵泥棒のメソッド」

見はぐり映画をやっと見られた!!!(DVDで・・・・)
あらすじはヤフー映画から。

35歳にして定職もなく、売れない役者稼業にもほとほと嫌気がさした桜井(堺雅人)は自殺にまで失敗してしまう。その後、出掛けた銭湯で見るからに勝ち組男のコンドウ(香川照之)が彼の目の前でひっくり返り、頭を強打したせいで記憶を失ってしまった。桜井は衝動的に彼の荷物をくすねてコンドウに成り済ましたのだが、実はコンドウの職業は殺し屋で……。

2012年作品。ここに広末涼子がからんでくるのですが、広末涼子がいい、すごくかわいい! 広末涼子のママンが「メガネ会計ババァ」なんだけど、ああ普通の奥さん役もいい!、この人「誰かの奥さん役」がすごく似合う!! 香川照之の依頼人のヤクザさんが、三陸鉄道の吉田くんです。そこらへんを含めたり、倍返し未然の二人の演技を楽しんだりと、なかなかよいニッポンの映画です。みなさまもぜひぜひー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください