吝嗇は遺伝なのかもアマリリス/ノーマネーデーと自撮りアイコンおじさんのお話

2011年版 No.29 ミニ家計簿(月曜始まり)

ミドリ シール チイサナインコガラ

今年からマネーフォワードを使い始めて(ウェブでもアプリでも使えるよ!)、「あややや、なにこのメタボ経済体質のわたし!」と気がつかされた私。いままで高橋書店の家計簿付きのスケジュール帳で管理できていたつもりだったけれども、三菱の車のようにどこからかぽたっぽたっとお金が漏れ出ていたようです。いやーん。そういう「この無駄な出費はなんですのん?」なところが削れるようになってきて、昨年度平均5万とか(ひどいときは二桁万円代)とかの節約ができるようになってきたような気がします。不思議よね、同じことを紙の手帳でもやっていたのに、スマホやウェブでやり始めたらどうして実現できるようになるの? この家計簿手帳だってもう10年近くつけてきたのに、一体なんだったのかしら。

それで月に何回か、家にこもって仕事をしていたりすると、一円もお金を使わない日が出てきたりもします。おぉ、これが私のノーマネーデー!! 夕方6時くらいになって「はっ、私、今日一円も使ってない!」と気が付くと、「ぐーぬーぬー、今日は冷蔵庫の中の品物で乗り切ってノーマネーデーを達成してやるぅー」と意気込んだりするものなのです。

ノーマネーデーを達成すると、高橋書店の手帳のカレンダーのその日のところに、ご褒美にインコのシールを貼るのです。インコ、かわいいよ、インコ! 以下がこの5ヶ月のノーマネーデーの履歴です。

1月 5日 
2月 2日
3月 3日
4月 8日
5月 7日

4月は足を捻挫したショックで家に引きこもっていました。5月の行楽シーズンに一体なにをしていたの・・・わたくし・・・ひきこもっていたのかい・・・? と、まぁ、高橋書店とインコシールがあればかような履歴を取ることもできるわけですね、えっへん。・・・てな話を、500円玉貯金ラブの姉に話したら、姉がドヤ顔で家計簿を見せてくれました。

「インコのシールをわざわざ文具屋で買ってるの?100円ショップので十分よ」
「ぐぬぬぬ・・・姉ちゃんのこのカエルちゃんシールの日は?」
「これはあんたのインコちゃんと同じ日」
「こちらの大きい星のシールの日は?」
「フィルムケース1本に500円玉貯金が満タンになった日、去年500円玉貯金だけで80万くらい貯まったよ。だいたいあんたはその500円玉貯金を始めるのに5000円出して象の貯金箱を買うような無駄遣い体質なのです、ダメ人間なのです! それを買わなければ500円玉10枚に変身できたのに! 私を見習いなさい、なにかの食品が入っていた謎の空き瓶を貯金箱にしていますよ!」

ぐぬぬぬー。そうか、姉ちゃんは500円玉が嫌いなんだな(ムーコ的発想)、だから毎日毎日せっせと集めて別の見えないところ(銀行口座)に預けちゃうのね! 

ウカやんはそんなに吝嗇家であり続けるのかい、鞄病はどうするのかいと心配されそうですよね(誰も心配してない)。できるだけメリハリつけた消費を心がけるようにしているつもりなのですよ。つまらないものを買わないことはもちろんのこと、「なにかいいものないかなー」といった思いでバーゲン行くのを控えるようにするとか、目的もないのにオンラインショップをだらだら見ないとか、そんな心掛けです。一昨日は、この2年間、買おうか買うまいかずっと迷っていたライダーズジャケットをようやく買ったのー。2013年に買っても2016年に買っても同じように見えるぶれないデザインの、大人の中二病と表現してもいいジャケットを2年迷ったあげくに買ったのー!!! もうこれであのジャケットを買うか買うまいかという悩みから解放されたのよ、素晴らしいことよね、これからはその余った時間を別のことに使えるんだから! 

次はどんな悩みから開放されようかしら、うふふふ! おそらく15年くらい迷ってる黒革の鞄だなー。できればシルバー金具で、ちょっとエレガントマシマシなんだけど、32cm角のがいいわね、パソコン入らないけど。

--
でね、そのブランドなんですけどね、どんな人が着ているのかしらと検索するとき、ツイッタとかインスタグラムがすっごく役に立つのよね。だいたいこういう服を着る人はブログ書かないじゃろうし、Facebookをやる属性でもないだろうし・・・、と思ってどこから調べようかしらと思った時、役に立つのがツイッタとインスタグラム。それで見てみるとやっぱり中二病患ったままの男子や女子みたいなアカウントがざっくざく見つかってあやややとなった私。

しかしこの操作をしている間に、「あぁ、こういうことかー」と腑に落ちたことがひとつ。以前、インスタでフォロワー5桁台みたいな若い男の子が「googleはSEO対策してるから使わないんです」という旨の発言をし、これに対しネットコンサルの50代のおじさんが「この子はSEO対策の意味がわかってないねw」などとつっかかっていたのですが、このやり取りを見て私がわかったことは「このおじさんはこの発言の趣旨がまったくわかってない」ということでした。うまくいえませんが、つまりはそういうことです(さっぱりわからないね☆)。おじさんたちのいんたーねっととこの子のインターネットは全然違うものなんです。その感覚さえこのおじさんはわかってないんです。あぁ、おじさんになるってこういうことなのか。

この発言をしたおじさんが小首かしげ自撮りアイコンなのも「ぃーいーぃーーーー」な事案でして、「かわいいとでも思ってんのかよ! 飼い犬の写真にでもしておきやがれー」とちらっとTLに流れるたびに思います。なんでおじさんなのに自撮りアイコンにするの・・・、肩の盛り上がり具合で自撮りだってすぐわかるんだよ、「こっちのがいいかな、こっちかな?」って何度か撮影している姿が目に浮かぶんだよ。おじさんは仕事中の姿を誰かに頼んでこっそり撮ってもらいなよ・・・・意識してないところを撮ってもらったほうが自然でかっこいいよ・・・あるいはアー写的なものを用意すればよいのに。そんな私は猫アイコン☆ 「ほいっ」と右腕を差し出すとがぶがぶがぶーっと噛みつくちょっと凶暴なリトルサイズの猫ちゃんのアイコンです。よろしくどうぞー。

もう文字だけでは響かないっていうか、文字に反応しない人口が文字反応族を上回ってきたともいう。
できる100の新法則 Instagramマーケティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください