野球と俳句と着物と旅と仕事と猫と酒

プロ野球2018 キモノの国のエクソダス

とるにたらない日常

正月食材の件/クックパッドで助かった椎茸レシピの件/お正月テレビ

投稿日:

お正月、張り切りすぎていろいろ食材を買い込んでしまったものの、近所のイタリアンで売り出してた御節を買ったり、通常の古式ゆかしき日本の小さめ御節を買ったりで、消費がまったく追いつかず葉物野菜が山積みに。「三が日の間にいただきもののふぐちりをやるわよ、うふふ」と思っていたけれど、それにも着手できず。あんなに「高いぃぃぃぃ」って叫びながら買ったのにっ、山積みにっ! 

というわけで、ふぐ鍋用に買っておいた秋田県産・釣りキチ三平印の椎茸が2パックも余っており、あぁこのふかふかしたきのこをどうしたらよいものかしらと思いながら、お手洗いに常備してある「きのう何食べた?」の2巻を読んでおりましたら、「たくさん余ったセロリどうする?」「オイスターソースで炒めちゃいますね」のコマに行き当たり、それだっと「椎茸 オイスター」で検索してヒットしたレシピで作ってみた。大当たりでした。

【激旨なんちゃって中華♥椎茸のオイスター煮】

このレシピのために、近所のスーパーまで歩き、片栗粉を買い求めてきましたが、あぁ片栗粉も進化してたよ、ペットボトルに入ってるよ、ふりかけ方式で使えるよ、すばらしいよ、これなら難なく使い切れるよ! 450円などと法外な値段が書いてありますけど↓(2018年1月10日現在)、200円くらいで買えるよ。

次の日は、やはり、ふぐちりのために買っておいた豆腐を消費するために鱈買ってきて、鱈ちり風湯豆腐に。しなしなの大根も全部すりおろしてやったわ。年末に買った食材のレシートを冷蔵庫に貼ってますけれども、すべてぬかりなく消費しおえることができますよう! 世の奥様たちは、お母様たちはこういうのを毎日繰り返しているのだと思うと、ほんとに頭が下がります。人参の葉が伸びてきちゃった・・・あぁ・・次は人参の消費方法を考えねば。

 

■その他自分メモ

吉田秋生のBANANA FISH 読了。「実写化されたアッシュ・リンクスはブラピだー」と騒いでいたら、「ウカやん・・・当時はリバー・フェニックスがいたじゃろう、死んじゃったけど」と同世代の友人に諭された。そうだった。彼がいた。
昭和60年に連載された本作品、大変な取材力としっかりとした物語の構成。いまでこそ「タックス・ヘイブン」「ゲイポルノ」なんて当たり前に耳にしますが、それを昭和60年代に、女性作家がこれほどまでにかっちりと組み立てるなんて。「海●姫」でリーマンショック的なことが起きて大社長の会社がガラガラ崩れていくときの経済事情描写が正直、少々物足りなくて、いやもっと他に説得力ある書き方あるだろうと思ったりもしましたが、そういうところのない骨太な物語でした。
BANANA FISH(1) BANANA FISH (フラワーコミックス)

 

香港警察ミステリー「13・67」を読んでます。大どんでん返しーしたあとに、もう一回、大どんでん返しーがあるという巧みな短編をくみあわせてひとつの大河ドラマになっているようです。いまは、石兄弟ホテル立てこもり乱射事件の最中です。いやーん、香港って実は物騒ですやんと怯えながら、でも今年こそは彼の地に行かねばとニヤニヤしているところです。
13・67

 

西郷どん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)
鈴木亮平が好きなので正座して見てみました、大河ドラマの「西郷どん」。早速ロケ地巡礼したい気持ちが。青木崇高の久光様が楽しみです。もう、かわいい。ケン・ワタナベがぜーんぶ持っていった初回でしたが、ケン・ワタナベですもの、それくらいでなくっちゃね☆

「平成細雪」というドラマを見てますが、頭のなかで田辺聖子の話と谷崎潤一郎の話がごっちゃになって、あれ、あれれと。美人女優4人が勢揃いするのも豪華なんですが(長女が中山美穂・・というのがあのそのあのその・・・)、高岡早紀のあふれでるフェロモンでうちのテレビの液晶が割れちゃう!!! 脇を固める男性俳優陣たちも色濃く、なかなかゴージャスです。以前、京都を舞台にしたシャーロット・ケイト・フォックスと常盤貴子が共演した「京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ」というドラマがございましたが、その制作陣が手がけています。「妙齢の美人に着物を着させて、豪華に演じさせる」関西どすけべドラマです。みなさまもぜーひー。お召し物も含めてかなり眼福です。

-とるにたらない日常

Copyright© プロ野球2018 キモノの国のエクソダス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.