ジリジリと綱引き戦法で漫画読む


電子書籍のサイトで1巻のみ100円キャンペーンをやってて試しに1巻を読んだらまんまとはまった松井優征の「暗殺教室」。週刊少年漫画らしい努力・友情・勝利な爽やかさとかわいい絵柄、それらを凌駕するシュールな設定がじわじわときます。


こちらは電子書籍サイトで「1巻のみ無料」キャンペーンをやっていて、1巻だけ読んだら懐かしくなってまんまと全巻ダウンロードしてしまい、懐かしさでばふっとなった。


前にも書いたけど、ヴィンランド・サガは5or6巻までたまるまで待ってから一気に買って読み、はふーとその世界に耽溺した。逆にこのタメがあったから、今も長いこの物語の新刊が出るごとに買い求めることができるのだと思う。


進撃の巨人は、去年のGW、東京へ戻る車内で1~5巻までダウンロードして読んで、ぎゃばーなんじゃこの漫画ーと叫んで、それ以来、リヴァイさんが有吉に似てるってどうして誰も指摘しないんだろうと思っている次第。この漫画を1巻だけ読み、次の巻が出るまで待てるじゃろうか! 否っ!


ゴルゴ13は三十代半ばを過ぎてからはまった。65巻~110巻あたりのゴルゴがセクスィーで好き☆ 友達の旦那が最近ゴルゴを読み始めたというので、早くゴルゴ飲み会を開催したいものですわ!

面白そうな漫画が出たときに1巻買い求め、読み、そこからジリジリと待つのが辛いので、タメてタメてからまとめ買いするようにしてるのですが、リアルタイムのファンの熱狂に乗れなくてもいいっ、ハフハフ鼻息膨らませる時間がじりりと楽しいのでっ!

書店まで足を運ぶ手間が省けていいんだけど、電子書籍ってちょっとつまらないのよねー、友達に貸すことができないんですもの!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください