コロナショックに寄せてその2 海外注目編/ガーディのピクセルアート

ガーディのピクセルアート

昨夜、ポケモンのファンアートを2時間くらい見回った。pinterest ってスカしたおしゃれサイトかと思っていたら、ファンアートを検索するのにも有用なツールだったのね、知らなかった。パクりとオマージュのせめぎあいの場にもなるのかもしれないなーと思いつつ、こいぬポケモンのガーディのクロスステッチの図案を見つけたので、ピクセルアートで起こしてみた。HTMLとCSSで起こしてるの。うふふ、かわいい。

かわいい・・・・なんてかわいいの、ガーディ!!!
こんなにかわいいのに、なぜ現実社会にガーディがいないの!?

ガーディは警察犬で、大きくなるとウィンディという超大型犬になります。映画「名探偵ポケモン」でズキューンとなったのはこのガーディとウィンディ、映画を見終わったあと、なんであの犬が現実社会にいないのかとキョロキョロしたりしました。

しっぽのフサフサがうちの猫と同じくらいなのでより愛着が沸きます。うちのガーディ(ウカやんのこと)もしょっちゅう「かみくだく」とか「ほのおのきば」といった技を繰り出してきますよ。あたしゃ昨夜はマキロン買いに夜中のドラッグストアに駆け込んだものですよ。あぁかわいい、乱暴でも超かわいい、ウカーディ! 

しかしこういう図案、クロスステッチなどで起こしてみたら楽しいかしらどうかしら、などと、やんわり遠出禁止令下で模索中。

コロナウイルス対策で知る生活習慣の違い

なんでイタリアで、あるいは欧州で爆発的に感染者が増えたのだろうといろいろ情報を追っているうちにわかったことがいくつかある。

・キスとハグの習慣
ちょっと知らない間柄のひとでもキスとハグ、普通にしますものねぇ。あと握手ね。メルケルさんが会議の前、閣僚と握手しようとしたら「いやいまはやめておきましょう」と断られたニュースが出てましたものね。日本人は家族とハグをしたくてもできないまま一生を終えるような人も多いのではないでしょうか、私はもっと父ちゃん母ちゃんを抱きしめておけばよかったと今でも思いますもん。親孝行したいときには親はなし。

・全体的にラブラブ体質
韓国や中国の方もそうなんですが、イタリアの方も全体的にラブラブ気質な方が多めですよね。しょっちゅう手を握ったり、キスしたり、愛を伝えたり。我が日本人のドライな愛情表現に比べると、その表現が濃厚で長時間にわたる方が多めに見受けられます。そういうラブラブ体質も感染を加速させているのかもしれません。

・教会でミサを行ってそこで集団感染が起きたらしい
というようなTwitterを見かけました。真偽の程はさだかではありませんが、我が国と比べたら宗教と生活が密接な関係にありそうですし、石造りの密閉された空間ではそういったことも起きそうです。紙と木でできた通気性の高いお寺で、そこまで信心深くもないひとたちが執り行う法事とは大きく違いますね。

・硬水のため手が荒れやすいので手洗いの習慣が少ない
手が荒れやすいかどうかはわからないけど、確かにあちらの水で髪を洗うと、キシキシしやすかったような記憶が。洗剤も日本のとは違うものを使わないと汚れが落ちないと聞いたことがあります。軟水国土最高だな。

・三世代同居の世帯が多いから感染しやすい
小さい子や若い世代は風邪を引いていても自覚しづらく、そういった世代が自覚のないまま感染を広げる可能性が高いので行動に気をつけてねというお知らせを各所で目にしています。実際、お年を召した方が肺炎になるとそれが死を招くことがあるので厳重に注意したいところ。イタリアでは三世代同居の家庭が多いからそういの、ちょっと心配。日本では核家族化が進んでるから、地方にいるじいちゃんばあちゃんを呼び寄せない限り、そういったことも起こりにくい。
・・・ほんとかなと思って調べてみたら、イタリアもきちんと二人暮らし世帯・独居世帯が確実に増えているみたいですね(農林水産省の資料より)。地方はどうかわからないけど、ミラノのような都会だったらなおさら核家族化が進んでそう。これは一旦保留で。

・一帯一路構想のゴール地点だから? アジアインフラ投資銀行の加盟国だから?
「バスに乗り遅れるぞ!!」と当時は議論が活発でしたが、こうなってみると何が正解だったのかわからなくなってきますね。またもしこれが原因なら、ドイツでもっとバーンと感染者数が増えていそうな気もしますが・・・。どうでしょう? 

【JETRO】イタリアが「一帯一路」構想に関する覚書に署名(中国)
【日経新聞】AIIB、加盟100カ国・地域へ 中国の影に警戒も

旅行は行けるときに行け

とよくいわれますが、本人の経済事情・健康事情だけじゃなく、戦争みたいなことが起きなくても疫病で旅行に行けなくなるということが起きるのかと驚いている。確かにコロナウイルス、風邪の一種なんでしょうが、場合によっては急激に劇症化して肺炎を起こすというのが恐ろしい。うっかり海外に旅行していて劇症化してしまったとき、ちょっと遊びに来ただけの異邦人がしっかり治療受けられるんかいな。
「こんなこともあろうかと!」と思っていたわけじゃないんですが、昨年は家族につきあったりで欧州旅行3回行っておいたんですが、それが去年でよかったとしみじみ思っているところ。デモが激しい香港もしばらく行けない。なにが原因でいけなくなるかわからないので、本当に行けるときに行っておこう。

差別のない素敵な欧州とは

時差なく海外の様子が手っ取り早くわかるTwitterなどのおかげで、「●●で長年暮らしているけどコロナ出ていけといわれた」「●●でバスの中で私のまわりに誰も座らなかった」などという「うっすらと差別されている」お話がちらほら舞い込んできています。「えっ、多様化が進んだ欧州でそんなことが!?」、いやいやそういう人は「ディーパンの闘い」とか「君を思って海をゆく」とかを見ろ。ブレイディみかこさんの「子どもたちの階級闘争」を読め。人がいるところ差別がないわけがない。
私も、差別のない素敵な北欧の先進国という好意的な認識でいた国でサウナに入ったら、現地の人にさーっと出ていかれたことがある。海外で「ニーハオ」と声を掛けられてびっくりしてる場合じゃない。名誉白人とかいう考え方を誰が編み出したのか、そんなものはない。アジア人はうっすらと冷遇されていることを理解して、「まぁそういうもんだよな」と思って、ちょっこしその国にお邪魔させてもらって、我慢できない範囲のことをされたら冷静に抗議し(動画を撮ってばらまくわよ!といった扇動的な方法ではなく)、適切な金額を落としていくのが、旅行者のあるべき姿なんだろうなと思います。

その他不景気観測2020

キューピーパスタソースの失踪

近所の少しお高く留まりたい年頃の私鉄系スーパーの棚から消えて無くなった。かわりに二人前200円前後の袋入パスタソースが並ぶようになった。瓶のが都合5食作れて200円、袋入は2食で200円。瓶入りのが便利なのになぜかしらーといつも扱っているドラッグストアや別のスーパー、はてはまいばすけっとなどまで歩いてみたけれどどこにもない。なんですと! この牛込区ではもう扱いをやめたということでしょうか!? 坂を下ってもっと大衆向けのスーパーに行ったら平然と並んでいたので少し多めに買ってきた。これは流通におけるシュリンクフレーションの一端? 気になるわー。

カクヤスの価格破壊が店頭で

カクヤスの店頭で自社輸入のものか、スパークリングワインというかブリュットというかスプマンテというかシャンパン製法の泡っとしたワインが一本500円に値下げされてケースで売られていた。先月と今月、10本ずつ買った、うははは。
はっ、しかし、これはなに、年度末大決算ということ? それとも「どうせ消費者のみなさん、この金額のものしか買えないんでしょ? 買えないっていうんなら、この金額で売るしかないですよねー」ってことなの? お財布には嬉しいのですが、嬉しいとばかり言ってもいられないものを感じます。

ちなみにカクヤスは漢字で書くと「角安」で、安さ爆発の「格安」じゃないんですよね。「角」はお酒を入れる枡のことで、安は安さではなく創業者の佐藤安蔵さんの「安」なのです。そういう背景を知ると、あのピンクの丸ゴシックの大きなロゴに風雅なものを感じなくもないですわね。

今後の方針

さて、長期化しそうなので、どうやって時間を過ごすべきか真剣に考えなくてはなりませんね。クロスステッチやるの? わたしにそんな手芸ができるのかしら! こういうすごいクロスステッチ見本があるのですよ! わたくし、これを調べている最中、初めて「sth」という拡張子の存在を知りました。Lotus Domino Stash Forma というものだそうです。25年以上パソコンのモニタを見て暮らしてきて初めてです! いやーポケモン、世界を広げてくれるわ-。やるなー。

まったくもうこのハマり具合ときたら! 映画を見入っただけなのに。

名探偵ピカチュウ(吹替版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください