室の花持て余された悲しみに/家具を買う前にリサイクルショップを覗く理由はなにも安いものを買いたいからだけじゃないんですよ

先日友人に教えてもらった「おだまり、蟹サイト!」な「TOKYO RECYCLE imption」のサイトなんですが、ちょっと気になる家具があるときはこのサイトでまず検索してみることにしたんですの。あれって「前の持ち主が持て余しちゃった」から出品されているものも多数あると思うんですよ。特にこのリサイクルショップは、無印良品やIKEAの商品も並んでいるところからおわかりいただけるかと思いますが、普通の家具センスの普通の日本人が手放した品物が多数並んでいるんですよ。使い倒して使い倒して「もういいや、でもこれブランド家具だから、CASAのマスターピース特集で毎回紹介されるような北欧家具だから需要あるかも」って品物は滅多に出てこないんですよ。

ここ数日は、「うぅーこのキッチンのスペースがもう少し広ければ・・・洗った食器を入れるカゴとコーヒーメーカーをどかせば、より潤沢な調理環境が構築できるのに」という悩みから、あ、そうだ、折りたたみのワゴン買うといいんじゃないかしらとピカコーンとひらめいた私。早速googleで画像検索すると良さげなものがいくつか見つかるではありませんか。「よしよしこれだ。google先生によると『在庫あり』とまで表示されているではないですか」とワクワクしながらアクセスした先が、くだんの「TOKYO RECYCLE imption」だったんですよ。このときの私の気持ちときたら!

あぁぁーーーー誰かが東京リサイクルに下取りに出したんだ・・・持て余しちゃったんだ・・・。下取りに出した人が、他にもっといいものに出会ったのか、あるいは思ったよりも使えなかったのかはわかりませんが、いまこの瞬間、リサイクルショップの店頭に並んでいる、それが現実。これは購買行動の抑止力になっちゃうなー。無駄な買い物しなくて済みそうです、そんなんじゃ経済が回らないんだけれども。

 

「投資を兼ねてエルメスのバーキンやロレックス買うのもありだけど、それをカールハンセンやハンス・J・ウェグナーの家具でやってもいいんだよ?」と家具に詳しい友人には教わりました。果たしてわたしにそんな日はくるのでしょうかどうでしょうか!?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください