トシちゃんときんどーさんを生んだ国/盆ノ木至「吸血鬼すぐ死ぬ」

吸血鬼すぐ死ぬ 16 (少年チャンピオン・コミックス)

試し読みしたらドハマリしちゃった・・・

すぐ死ぬ吸血鬼ドラルク(ルーマニア吸血鬼と日本吸血鬼のハーフ)と、吸血鬼退治人のロナルドの新横浜を舞台に繰り広げられる痛快バディ物語・・・・といっていいのでしょうか、どうでしょうか。本作のアイドルはヌーヌーと鳴き声をあげるアルマジロのジョン、ドラルクのことがが大好きなジョンがかわいい、大変にずるかわいい。ポケモンでいったらイーブイなみのかわいらしさです。

圧倒的なネタの量、場面転換の鮮やかさ、時間の圧縮表現(ドン・スナァ・ヌーーーー)、すっごい熱量なんですけど、よくこのテンションで16巻まで連載続けていらっしゃると作家さんの努力に敬服しつつ、毎夜一冊ずつ買い求め読んでおります。ヌー。

さすがはマカロニほうれん荘を生んだ週刊少年チャンピオン・・・と鴨川つばめのマカロニほうれん荘も読み直してみた。こっちもすごい、天才じゃないすか、鴨川つばめさん。この人が切り拓いた日本のポップカルチャーとギャグ漫画の裾野の広さといったら!! (この時代、江口寿史の「すすめ!パイレーツ(1977年-1980年連載)もありましたが)。オータム書店恐るべし。でも、鴨川つばめのWikipediaを読むと複雑な気持ちに。オータム書店・・・・! いまはそんなひどい仕打ちをしていないことを願います。

 

マカロニほうれん荘全9巻 完結セット (少年チャンピオン・コミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください