氷島でここは退屈迎えにきて/映画「好きにならずにいられない(原題 Fúsi)」

好きにならずにいられない(字幕版)

ポスターのデザインが馬鹿にしすぎでひどい、制作陣に対する冒涜だ、日本の映画業界は観客を子供扱いしすぎだ、などと散々ないわれようだった(でも私もそう思う)アイスランド映画「好きにならずにいられない」、原題は主人公の名前そのものの「Fúsi」。あらすじは映画.comから。

43歳独身で女性経験なしのシャイな大男の恋愛模様を描いたアイスランド映画。
空港の荷物係として働くフーシは、ジオラマ作りだけが楽しみという単調な毎日を送っていた。43歳独身、近所に住む少女と遊んでいるだけで誘拐犯と間違えられるような、さえない日々を送る息子を見かねた母親は、フーシにダンススクールのクーポンをプレゼントする。しぶしぶダンススクールへと出かけたフーシは、そこで1人の美しい女性と出会う。彼女へのほのかな恋心に胸をときめかせるフーシだったが、その女性は心に傷を負っていた。
主人公フーシ役をアイスランドのテレビ番組などで活躍するグンナル・ヨンソンが演じる。

この紹介文からしていろいろ突っ込みたいところが山盛りですが、それはまぁ脇においといて。

フーシが心を寄せる女性というのが、北欧映画あるあるで美人というわけではないんです。彼の地では美男美女は俳優にならないという不文律があるのか、スクリーンで美男美女にあまりお目にかかることがない。不思議です。

それはそれとして本作もいわゆる北欧映画あるあるのひとつを誠実に踏襲し「まぁ美人じゃないし、随分とアレな性格のエキセントリックな印象だけど、えーーっとまぁこの人がヒロインってことでいいのかな?」という戸惑いとともに見進めていくわけです。

映画というものはだいたい尺の3/4くらいで起承転結の転がきます。本作でもそのあたりで「あぁやっぱり」となり、「でもこのあと結でアレがアレしてこうなるんでしょう」と高をくくっておりましたら、おいいいいいぃぃぃぃ、ドンドンドンドン!!(テーブルを叩く音)

でもラストシーンはよかった。すごくよかった。レイキャビクで暮らす男がヘヴィメタルしか聞かないという理由もなんとなくわかった。ちょっとほっこりしたのは、フーシが勤め先の男たちとサッカーの試合を見にバーに行く場面。「いい試合じゃないか」とみんなで見ている試合が、ドイツと日本のサッカーの試合だったようで「ふふっ」となりました。他所の国の映画で自国の国旗がでるとちょっと楽しい気持ちになるのね、不思議。

もう一度いいますが、ラストシーンがすごくよかった。
飛行機ってそういうためにあるんだよなとしみじみとした。

 

JAL ボーイング 787-9 JA873J 嵐ジェット ARASHI HAWAII JET 1/400 ダイキャスト Phoenix 04344

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください