東京五輪反省会その3/自分メモ オリンピックサイトのまとめ

五輪情報サイトのまとめ

2021年のスポーツ関連のウェブデザインのトレンドを抑えるためにもまとめておきます。
※肖像権や著作権の問題が発生したら削除します。
※クリックすると全画面が表示されます。
※前の五輪のときも保存しておけばよかった。今後は定期的にウォッチしていきたい。

NHK


https://sports.nhk.or.jp/olympic/
金メダル色の #af873d を使いシンプルに見せているが、中身はすごく濃い。全出場アスリートの顔写真とプロフィールがすべて掲載されている。競技や国別で検索もできる。
一番熱かったのは、競技の進捗具合がウェブサイトから把握できたこと。たとえば馬術障害を見ていると、国際映像は出場選手の名前と国旗がちらっと出てそれでおしまい、「いま走ってる人だれ?、全体の何割進んだの?」というときは、NHKサイトで確認していました。このリソースたるや・・!!! お金かかってるなー。

民放オリンピック公式動画サイト gorin.jp


https://www.gorin.jp/
ツボを押さえたかわいらしい色使いと、祝祭らしい華やかさが感じられる画面。ライブ動画も探しやすい。アスリートの情報は日本選手だけだったけど、各選手のSNSなどへのリンクもあり、すぐ応援できる態勢が整っている。すっきりしているけど過不足なくて、見た目の楽しさや軽快さもあって見ていて飽きが来なかった。

IOC TOKYO2020


https://www.gorin.jp/
外国由来のデザイン。下の方の写真の比率があってないところがすごく気になる。そのツメの甘さはなに?
ソートしてメダル獲得の様子がわかるページは面白いんだけど、そうかそうか、そんなにメダルが大事なのかい。五輪の理念とは!、などと意地悪に突っ込みたくもなるです。
あんまり楽しそうな感じが伝わってこなくて、公式サイトってこんなもんなのかな?

ABC 五輪特集


https://abcnews.go.com/Sports/olympics
意外とあっさりしていて驚いた。あれ、USA! USA! 五輪が好きなんじゃなかったの? 記事のページがすっきりしていて、英字のフォントのメリハリも美しいです。しかし、USA! USA・・・・

BBC 五輪特集


https://www.france.tv/sport/les-jeux-olympiques/
個人的にはGBRの大健闘というかスポーツ大国ですやんという感想が強く残りました。写真がいいぞ。BBC恒例のクイズもあるよ! 
メディアサイトのひとつのコンテンツの特集カテゴリとしてく、他ページのフォーマットにあわせてきちんと落とし込み足並みを揃えているところに、BBCのサイトデザインそのものの堅牢さを感じました。イギリス人は字を読むのが苦じゃないんだろうな。

France.TV 五輪特集


https://www.france.tv/sport/les-jeux-olympiques/
さすが次期開催国。力が入ってる! デザインの精度も高い! 情報量も多い! フランス選手のユニフォームもそうですが、一貫してこのノーブルなブルーを使っていきますよ、使っていきますとも、という信念が感じられる。いやはやおしゃれ。おしゃれ選手権ではいまのところニャンバーワンではないでしょうか!? 

おまけ

ジロ・デ・イタリア


https://www.giroditalia.it/en/
ジロのサイトでは、「シマノの百年」の記事をみなさんに読んでいただきたいです。

ツール・ド・フランス


https://www.letour.fr/en
写真がいいぞ。ポガチャルって選手しか走ってなかったのかなって感じがしないでもないですが、写真がいいですよ。

ところで自転車レースのサイトは、欧州はだいたいこんな感じ。上にツアーのカラーで公式情報系をまとめて、次の段にロゴとレースに関する情報、テンプレートかなってくらい同じヘッダーのデザイン。8月5日から8日までやってたノルウェーの極地レースのサイトも同じデザインでほっとするくらい。

まとめ

・自国開催で、自分の国の時刻でやっているから初めて理解したけど、2週間毎日毎日朝から晩まで並行していくつもの競技をやっていかないと追いつかないくらいたくさんの競技がある。選手や選手関係者だけでも大変な人数だ。ラグビーワールドカップのような単競技の開催で理解していたつもりになっていたが、まったく違う規模のイベントだった。

・開会式と閉会式のひどさは、「おじさんたちに考える時間を与えるとよくない」という事例なのではないかと。一年間延長してしまったために起きた悲劇と思います。全部コロナのせいだ。

・コロナです、感染を避けるために家でおとなしくみていてください、血を吐く思いで無観客試合にしたんだしという訴え虚しく、沿道には人があふれ、競技会場が見える橋の欄干に人は集まり、開閉式会場の近くに中に入れるわけでもないのに人が集まる。これがテレビ離れというものか、マスメディア離れというものか。

・メルカリでボランティアの人のウェアが売りに出されたりして一瞬緊張が走りましたが、テロもなく事故も災害もなく、無事終えられたことは本当によかったです。お疲れさまでした。

 

祭りは終わった、永遠に。

妖怪ハンター 2 天の巻 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください