外国のホテルのごとし全日空(ホテル)


全然関係ないですが、汐留の浜離宮はいまこんな感じです。

親戚中から「旅行代理店」として活用されているわたくしですが、先週の結婚式狂騒曲の中でもその能力を遺憾なく発揮・・・できたといいのですが、発揮せざるを得ない状況になり、大人数の宿泊予約をこなしたりした。
駅に近く、濡れずに移動でき、結婚式場と東京駅までタクシーで2,000円以下、できれば1500円くらいが希望、朝ごはんが美味しく、まわりがちょっと楽しく、ビジネスホテルでなく、東横インでもアパホテルでもなく、できればシチーホテルで、2泊×14人の宿泊予算は35万以下で。
 んな条件、あるかー!!!!
 だいたいこういのは新郎・新婦のしごとだろう、あぁん?
とふんがいしつつ調べたら六本木の全日空ホテルが該当した。しゅごい!! 最終的には健康上の理由で欠員が出たり、「親戚女子会したい☆」などと言い出す人がいてエキストラベッド出したりして、予算は相当圧縮できたんだけど。
いま、全日空ホテルは、ANA インターコンチネンタルホテルって名前なのねー。今年の春、お花見甘いものブッフェを楽しみに行ったら、ひとつひとつの作り方や味の傾向が違い、この勢いなら二周できる!といってほんとに二周しちゃったり「何食ってもうまくてびっくり全日空」という名句ができたりした経験があったので、このホテルならとりあえず食べ物で文句つける人はいなかろうと判断し、こちらのホテルにしました。
で、久しぶりに宿泊者の視線でこのホテルに行ったんだが、あらら、なんというか始終活気がある。エミレーツ航空のお嬢さん方が白いアレを帽子から垂らし、ロビーの中で軽くミーティング中、タブレットを持った外国の若者がソファでくつろぎ、買い物たくさんたくさんのアジアの家族が楽しそうにエレベーターに乗り込み、スタッフに外国人が増え、そこかしこから英語と中国語、韓国語のざわめき、あららー、こんなことになってたんだー。ベッドメイキングの女性は東南アジアからやってきた女性で、フロアのリーダーと思しき男性は五十代の日本人。あららーこんなことになってるのね。
子供っぽい表現で恥ずかしいですが、香港にいるみたいでした。
あぁ円安だからってのもあったのかしらねー。
三連休は全室満席で、世間の人はお金持ってるなーと改めて思ったりもしました。
今回、一休のサイトで予約しましたが、「事前カード決済」を選ぶとその場でポイントが倍付けになり、そのポイントを使って決済できるのでお得でございましたわよ。都合、2%引きになるのかな? こちらです。お勧めです。
http://www.ikyu.com/fan/sokuji/start.aspx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください