「少年よ、一度は家を出てみよう」という話

サムサッカー 17歳、フツーに心配な僕のミライ コレクターズ・エディション
サムサッカー 17歳、フツーに心配な僕のミライ
作中キアヌ・リーブスが主人公の歯科医として登場するのですが、主人公にそっくりで、そこらへんもなんらかのメッセージがあるのかもしれませんな。主人公の親御さんに大変好感を持ちました。アメリカ映画界は、こういう「大都市じゃない街の、フツーの高校生」のしみじみとした作品をたまーに作るのですね。ナポレオン・ダイナマイトとか、え、一緒に並べるな?
ヒグマ更新。うちのお父さんが爪を切る姿勢にそっくり。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください