駅前にちょんまげ立てり美濃の春


水曜が美濃、木曜が岐阜・土岐へと移動。
土岐では陶磁器工房を見学。途中、中央道で恵那山が見えてきたとき、あの山を越えれば実家に帰れるなぁとかぎりない郷愁に胸を掻き毟られましたが、仕事後はおとなしく名古屋駅まで戻って新幹線で帰京。
新幹線とか飛行機といった密閉された長時間移動の乗り物に乗ると耳垢がたまるような気がするんですが、みなさんそんなことない?

4 COMMENTS

ようこ

小塚くんには、あたくしも数年前から注目。ただ演技を見てというより単にあの3人の中で、もっともビジュアルが好みってだけだったんですが(^^;)。
彼のすべりを見ていると色がないというか、「素直」という言葉が頭に浮かんできます。これからどうなっていくか読めず、それがかえって楽しみだなーと思うのです。普通は、「この人はジャンプ」とか、「すべりの綺麗さを強調」とか、いろいろ思うものの彼の演技にそういう読みみたいなのが生まれない。素人なだけかもしれないですけど。(色がないということは、売りという意味では弱いのかもしれないですが)

返信する
スガ

小塚ッティ、他のところでも「華がない」という話題になりました。今、ハタチですもの! 自分の進むべき道が見えるのもこれからではないでしょうか。期待しています!

返信する
ようこ

す、すみません。コメントする記事を完全に間違えとりました(汗)。ご丁寧にレス、ありがとうございました。

返信する
スガ

いえいえ、奥様。
ちょんまげ→織田家→その末裔→男子フィギアという流れですよね。大丈夫です! 
それよりも登坂さんが!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください