困ったら夏は江ノ島秋箱根


七里ヶ浜
早めのお昼ごはんで冷やし中華を作って食べましたところ、外はもくもく入道雲、猫はにゃんにゃか昼寝中、むらむらっとして、鎌倉・江ノ島フリーきっぷを買ってひらりと江ノ島まで。ちいさなボートで島の反対側まで行き、そこから汗を流しながら江ノ島神社、参道まで歩き、焼きはまぐりを食べて帰ってきました。帰ってきたら帰ってきたでまたむらむらっとして、飯田橋のキャナルカフェまで移動し、サングリアを飲んで夏の夜を満喫。
季語が一番多いのは、実は夏ざんす。冬は、秋から大晦日までと、正月から春までの二つに分かれているので、冬も多いと言えるのでしょうが、単独の季節で言ったら、やはり、夏が一番季語が多い。それだけみんな夏が好きなんじゃないかな、と。

神社にいた野良っこ

富士山

「中に入れてー」という言葉さえ思いつかない生き物。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください