春着買ふ消費税のない国で/三泊四日新春バーゲン満喫香港の旅

本当は昨年秋に行く予定だったのだけどアラスカ旅行でぐったり疲れたので延期し、ちょうど自分の誕生日に飛行機の空席があったので行ってきました。2013年1月以来の香港、その前の年に総選挙が有りまだまだ円高の余韻が残っていた頃、当時のレートは1ドル85円、香港ドル=11.51円。あれから2年、円安もぐぐっと進みましたね、滞在時は1香港ドル=15.2円、人民元に至っては14.2円から19.58円まで推移。スターバックスでカフェラテ2杯とチョコレートケーキを頼んで99HKD、日本円にして1500円、2013年1月だったら1340円で済んでたものを!
旅することだけに関していえば、円安なんてちーっとも面白くないわね、たとえ消費税がない国だとしても!!! 一晩130HKD のホテルのWi-Fiも高くて諦めた。ほんとう、ちぃーっとも面白く無い・・・とはいいつつも、今回の旅行は貧乏ながらもスカッと楽しんできましたよぅ。旅のドルコスト平均法ですよぅ、前回旅行時にちょっと多めに両替しておいたのが残っていたんですよぅ、日本にやってくる中国人並に新春バーゲンを堪能してきましたよぅー。

今回、いろいろ発見があったので先にメモしておく。

まだまだ開発してくぜ!!!


2年ぶりの香港、大変な変化を遂げていた。そしてまだまだ開発中! 山がちなあの小さな狭い島にどうやって人口を入れ納め、広々とした道を引き、利便性の高い地下鉄をさらに開通させている。この島の都市開発のセンスはなんと素晴らしいものなのでしょう。しかしこういった土地売買やらなにやらの背後では巨額のマネーが動き、「盗聴犯3」みたいなことになっていることも直視しなければいけない問題の一つなのでしょう、うむ! 

IFC(国際金融中心 International Finance CentreI )の下に、香港国際空港へアクセスできる香港駅がありますが、これがまぁどの国の人がやってきてもストレス無く移動できる施設で、市内チェックインもできて大変に便利。
帰ってきて浜松町駅でモノレールを降りタクシー乗り場へ移動するとき、エスカレーターは狭いし荷物を転がせないし照明は暗いし、なんというかしょぼくてがっかりよぅ。まぁ東京五輪に向けてここらへんも変わっていくんでしょうけど、金が動くってそういうことなのよねぇ。

「2年前にはあんなビルなかったよ!」というビルがいくつか建っていて、ビクトリア湾の夜景がちょっと変化していました。だいたい遊園地なんかなかったぞ! 中国建設銀行の壁面イルミネーションが大変に美麗! 銀座のシャネルの壁面の巨大版+最新版です。ちょっと見とれちゃいましたよ。あそこに「わかもと」を持った芸者ガールが映しだされる未来も早晩やってきそうですなぁ。動画はこちら。
http://instagram.com/p/x4T-P-s9Qe/?modal=true

九龍 SKY100


2010年開業のおリッツカールトンでお茶するか、展望台のスカイ100でお茶するか悩みに悩んで、庶民なのでスカイ100を選ぶ。香港のおリッツカールトン、一泊八万円とかするというので無理無理無理、あたいには無理、真鯉パーカーに安全靴のあたいが行ける場所ではございません! 

下が駅、その上にショッピングモール、真ん中がオフィス、入場料の165HKD払って100階の展望台、その上に位置する建物の最上エリアがおリッツカールトン。1月の香港はたいそう霞がかかっていて、PM2.5かもしれんけど、あまり景色がよろしくない。香港は真夏に限るのやもしれんのぅ、と思いながら暗くなるのを待つ。

こんな眺め。標高が高すぎてよくわからん。

世界のでかい建物ベスト10! ドバイからマレーシアまでずらりと並ぶけど、なんかこうでっかい建物作りたい欲というのはアジア・近東のDNAなんですかねぇ。

とりあえず飲む。

暗くなったけどウカやんのカメラではこれが限度。霞は夜も晴れませんでした。


巨大ショッピングモール。世界のハイブランドの品物で買えないものはないんじゃろうという品物ばかり。DAMIANI のショップがあったのでウィンドウを眺めてみたけど、日本にあるものとまったく異なっており、価格が二桁違う商品ばかりがずらっと並んでいる。「DAMIANI って(ダイヤの粒だらけで)何時かわからない時計作ってたんだー」とか「FRANCK MULLER も(ダイヤの粒だらけで)何時かわからない時計作るんだー」とか、このブランドの商品ってさらに上がいくらでもあったのか、と思い知らされた。店舗は大きいし、品数はびっくりするくらい豊富。それでも中国人は日本で「本物だから」と日本で小粒な品物を買っていくのじゃろうか。
いま、世界で一番いい素材のものを身につけているのは中国人だと思う。ダイヤにしろ毛皮にしろバッグにしろ、とんでもないレベルの素材のものを惜しげなく彼等は消費してる。日本人がユニクロを着こなすことでなんとか乗り切ってる間に、縫製も素材もよいものを身につけている。日本人が安くて味の良いワインやスパーククリングワインを探してコスパよく楽しんでる間に、ビンテージものを買いあさり景気良く栓を抜いてるわけですよ。おほほ、すげえな、経済大国! しかも日本があじわったバブルの時代よりも情報流通量が格段に増しているこの時代に、洗練されたものを十分に楽しんでいる。いやぁ経済大国すげい。ぜひ日本にやってきてガンガンお金を落としていっていただきたい! 

プリペイドSIM カードの選択を間違えた

ハッチソンで亜州4日間のSIMカードを素直に買えばよかった。ちょっと高かったけど、行動範囲は制限されなかったものなー。反省。メモメモ。本当に反省。

深センで北京ダック

深センの羅湖商業センターでまた北京ダックを。ちなみに香港-深センは、香港島市内から途中休憩や出入国手続き入れてちょうど2時間で到着可能です。ダックちゃんの「む・・・無念・・・」という姿が目に焼き付いてしまっているのですが、大変おいしかったですぞよ。ごめん、ダックちゃん。おいしかったよ、残さなかったよ、まっとうさせたよ!

てりってり!

奥にまたなにか別の新しいビルが。なんとなく森ビルの匂いがする!

東涌駅・ランタオ島

香港国際空港がある島の方面・東涌駅から高所恐怖症の人は涙目になるゴンドラにのって大仏を見にいってきましたよ。その東涌駅、駅とアウトレットモールが直結してて、新春バーゲンまっただ中のこの店舗群でうっかり爆買いを。「このあと観光に行くんだけど、預かってもらえますか?」とお願いしたら問題ないですよーということでスカッと精算した後にるんたるんたと昂坪360のゴンドラ乗り場へ。ケーブルカーと表記されていますが、ゴンドラです。イメージとしては箱根の大涌谷のアレです。

海上百数メートルのところをゆらゆらと。

遊歩道兼避難経路の上をゆらゆらと。

山の上に大仏様がおわしてそれを参拝したら終わり、な山です。

ゴンドラを降りると2006年開業の観光施設が。意外といろんな国からのお客様が。そして安定のスターバックとWi-Fi環境も。いろいろな人種のながらスマホを見ることができました。

菅原文太かと思った。

今回は大仏には登らず、その近辺徒歩20分のところにある「ハートスートラ」というパワースポットに足を運んでみる。儒教・道教・仏教の教えを刻んだ柱が立っており、なかなかに神秘的。高いところに登るとこの島の形がわかり、次はこの島にトレッキングをしにきましょうと心に誓う。歩きてぇぇぇー。

帰りはゴンドラではなく、地元の路線バスで東涌駅に戻り、ここで買い物のピックアップをするとともにもう一点買い足し、るんたるんたと地元路線バスで愉景湾というエリアへ移動。今日はそこから高速フェリーで香港島に戻ります。愉景湾は香港で働く欧米系富裕層のために開発された住宅地でなんとなく外国っぽい。降りてくる人たちの様子を見ていたけれど、確かにそんな感じ。大都会で働くけれど、夜にはその喧騒を離れ静かな島の街で穏やかにゆったりと暮らすというある意味理想的な環境です。ちょっとうらやましい。

ランタオ島はお買い物エリアもできたことだし、一日遊べる場所となりましたなぁ。到着日は空港近くの東涌駅直結のノボテルホテルに泊り翌日は荷物を預け一日遊んで、以降は香港市内に泊まるというのもアリかもしれません。東京と鎌倉・湘南の位置関係に似ていると思っていただければよろしいかと。

率直な店員さんたち

今回、久しぶりに香港での買い物を楽しんだのだけど、どこも店員さんたちは率直だしフランク。サイズの指摘が素晴らしく的確。
「このスカートならXXのサイズでもいいけど、このブラウスは同じXXじゃなくてYYがいいよ」
「この素材のワンピはXXだけど、こっちだとカットが違うからYYにしなよ」
「あなた、XX? うそーん、こっちのYY着てみたら? ほらーぴったり!」
なになに、彼女ら、なにかセンサーでもついてるの? 同じブランドの日本のお店入ったことが数回あるけど、値踏みするよーーーーーな目でちろりみて「あなに買えるもの、ごめんなさい、もしかしてないかも」と遠慮がちにしかし慇懃で伝えていただいてるよーーーーぅな気がしてならなかったんだけど、香港のショップではフランクで大変居心地がよかった。また日本の店員さんもわかっててワンサイズ小さいものをお出しになる方がいたりして、そんなまだるっこしいことをしなくてよい、率直に「それ、お客さんにはきついっすよ」とガムクッチャクッチャしながら言ってくれてもあたしゃ一向に構わない、サイズのことはプロの人にしっかり指摘してもらいたいったらもらいたい!

去年雑誌で見たけど品切れになり買えなかったモデルに近いものに出会えて、うふふふ、しかもたいそうオテゴロウなお値段で、うふふ、しかもその他まとめ買いマジックより「バーゲン価格よりさらにニ割引」になってて、福袋状態にうふうふ、るんたるんた。このお店では結局5枚洋服買ったのだけど(うん、爆買い!)、それぞれの生地の良さやデザインの洗練さに触れるにつけ、「わし・・・もしかしてファストファッションに疲れてたんじゃないの・・・飽きてたんじゃないの」とひしひしと感じたりしましたよ。単体で一万円以上するワンピースを買ったのは何年ぶりなんだろう、と振り返って驚きもしました。

 ファストファッションもう飽きた!!!
 老後の貯金なぞせずに着たい服着たい!!!
 断捨離する必要があるのはつまらないもの買うからよー!!
 つまらなくないもの買えば断捨離もしなくっていいのよー!!

と心の中で叫びながら、タシーンと名刺大のプラスチックカードをレジに通してきましたよ。しかし、一枚どう考えても着る場所を選ぶ華やかなドレスを買ってきており、ちょっとこれは早まったか、あるいはこの春夏、そういうお召し物を着られるイベントを開催するしかないのか、などと。

あと、旅先でテンションあがってうっかりバッグと靴を買う悪い癖がなくなりましたよ。鞄は国内であぁだこうだと七転八倒しながら悩みぬいて買わないと失敗する。靴は足の型が合わなすぎる。

そんで帰国日、コーズウェイベイで最後の買い物をしてチェックアウトし、ホテルのバスでIFC(上の写真を振り返ってね)の香港国際機場の市内チェックインカウンターでチェックイン。荷物を預けて最後の最後の買い物を! とかいってここでは結局なにも買わなかったんだけど、リッチな素材のリッチな品物をたくさん見て目を肥やしてきましたよ。

IFCのレーン・クロフォードの鞄売り場がすごかった・・・上野で先月やってたエルメス展でみたあのちっちゃいエルメスのバッグたちが売られていた・・・・展示で使っていたものと同じものではないと思うけど、えぇーこれって売り物になるのか・・・・ていうか売っちゃうのか・・・・このシリーズね。

28000HKD(約400万)からでした。この手の小さいケリーや小さいバーキンが20個くらい無造作に棚に陳列されていて、もちろん隣に手袋した青年店員さんが静かに目を光らせていたんだけど、いやぁー圧巻でしたね、買う人がいるから売ってます、の商いの豪快さに酔いしれた。

あと、伊勢丹で先月悶絶したナンシー・ゴンザレスのショルダーバッグが、今週の為替で計算しても伊勢丹での半額で売ってた、バーゲンではなく。むむぅ、関税の問題なのかな。ナンシー・ゴンザレスが欲しくなったら香港で買うことにしましょう、えぇ。

その他香港メモ

祝・竹の足場復活! 一時は鉄骨の足場を組むように指導があったようですが、やっぱり不便だったんですかねぇ。

地元びとの通勤フェリーに乗ってみる。距離の長いスターフェリーのようなもので、帰りの途も含めてとても楽しかった。

お誕生日のディナーとなったのはホテルの近くの怪しげなマーケットの中の怪しげな食堂。カサヤンが見たら卒倒しそうなルックスのシャコの唐揚げをもしゃもしゃと食べる。写真とったけどえげつないルックスなので、ビールのお写真でご容赦ください。

日曜日のIFCの空中庭園。アジア各国からやってきたメイドさんたちの憩いの場に。

消費とは経済とは為替とは、自国通貨安とどう向き合えばいいのか、などと考えこんだり、JALの快適な空を旅を満喫したり、乗れそうな乗り物には全部乗ったりと、大変楽しい旅となりましたことよ。さてこれから私の新年だー。一年がんばっていきましょー。

2 Comments

のの吉

ひらりっと生きてますねぇ。
地を這うような社蓄な我が身を省みました。

適正も能力のうちなので、仕方なし。とおもいつつ、断捨離に励んでます。。

返信する
ukasuga

いやぁもうこのご時世、社畜って褒め言葉以外の何者もでもないですよ。
やっと賃貸しながら引っ越し案件が稼働することになりました。これから我が家も断捨離ですわい。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください