毎朝の15分こそ美しく/テーブルウェアフェスティバルに行ってきました


黒柳徹子さんのテーブルコーディネート。この人ってホンモノだ!

お気に入りの波佐見焼・堀江陶器さんで鳩の箸置きを買ってきました。
リスちゃんも仲間が増えてよかった!
紆余曲折あって、ようやくエスプレッソカップを買えた。
月初は仕事も落ち着いているので、ニャッハー、このタイミングを逃したらならぬ、と東京ドームのテーブルウェアフェスティバルへ。テーブルウェア、テーブルコーディネートという「人生に無くたって生きていける」という平和産業のものだからか、不景気の今、規模縮小しているのか、今年は物販にぐっと寄った構成に見えました。「無くたって生きていける」ものだからこそ、きちんと自分で全力で選んで、毎日の暮らしで大切に使っていくことも大事だと思いますけどね。
さて、今回、テーブルコーディネートも気にはなっていたのですが、エスプレッソのカップを購入するという使命がありましたので全力で選びました。九谷の赤絵とか有田のごっつい染付の無駄にグォージャスなデミタスカップが欲しかったんだけど、派手さが足りなかったり、サイズがなかったり、この形状がんばりすぎーとか、その持ち手とんがりすぎーとか、帯に短したすきに長し。「がんばっちゃったデザイン(Gマークをおくってあげます)」と、「すべてそぎ落としましてシンプルにしましたけど、逆に愛着がわく要素もそぎ落としちゃったかもね☆」というものの両極端で、ちょうどいいのがない、なかなかない。とはいえ、東京ドームのグラウンドをすっぽりと覆う敷地で執り行なわれている展示会場、「これはっ!」とビビビときたものはもなくはない。
しかし!!! 「年上の口うるさい女性上司が結婚しました。彼女の部下が慎重に選んだ結婚祝いがこちらです」といった雰囲気のものや、「引き出物として配られたセンスのよい和テイストのシンプルモダン」といった感じのものが多くて、なんか違う。百貨店のリビングフロアみたい。わしゃぁ、毎朝の15分をおいしく美しく過ごしたいんじゃよ、自分が毎日喜んで使える、自分のための器を選びたいんじゃよぅ!
と思ったのち、結局、日本橋のデパートメントストアに立ち寄って、フランス産のちょっと華やかなデミタスカップを見つけ、大変満足して買ってきましたとさ。ジャンジャン。ふぅ、器って、一度家の中に入れたら、なかなか壊れないから、慎重に選ばないとねぇ。
日本のメーカーさんが目にしたらちょっとショックを受けるかも知れないけど、日本のメーカーのテーブルコーディネート、ちょっと血色が悪いです。同系色で美しくまとめすぎです。もっと彩度を増してもいいと思います。生意気いってすみません。
耐熱ガラスのハリオさん(誠実なウエブサイトで好き☆)が、「耳と鼻が長いワンちゃん用のごはん皿」を販売しておりました。





2 COMMENTS

eri

「がんばっちゃったデザイン(Gマークをおくってあげます)」と、「すべてそぎ落としましてシンプルにしましたけど、逆に愛着がわく要素もそぎ落としちゃったかもね☆」うけすぎました。和モダンもうけたけど。器選びって喜びだけど苦行でもあって、ほんと楽しい使命ですよね。徹子すごい!まじ惚れ直した!

返信する
スガ

徹子さん、すごいですわよ!!
あの写真ではわからないのですが、部屋中をトランプのハートとスペードとダイヤとクローバーで飾り付け、しかもご本人が手作りして(厚紙をはさみでチョキチョキして!!)飾りつけてらっしゃるのよ。シャンデリアも自作でした。こんなイベント(といったら失礼ですが)に全力で、美しくって楽しいコーディネートをぶつけてくるんですもの! やるなぁ・・・って唸ると思います。今週末までだと思いますが、時間がありましたらぜひ!!
器選びって、過去のうっかり揃えちゃった遺産とどう折り合いつけるかも課題です。並み居る敵をどうバッタバッタ切り倒すかが・・・あぁ、もう(ニヤニヤしながら)。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください