立春の前にお財布買い換えたい その3/とうとう楽天で買ってしまった

P6100230

こちらね、2014年6月に撮影した写真なんです。預金通帳数冊も入るこのブルーのポーチが、バックインバッグとして大活躍しているのですが、このポーチの容積の問題が。札入れと小銭入れ、さらにiPhoneと通話用のガラケー、さらに手帳、ボールペン、お財布とは別の現金を入れています。このポーチさえ持っていれば、ひとまず火急の御用にも対応できるというもの、しかしお支払いの段階があまりにもスマートでない。

お買い物をするときは、ポーチの札入れからお札を出し、ポーチの小銭入れから小銭を出し、お釣りが帰ってきました、ポーチの小銭入れに小銭を戻し、あ、え、お札のお釣り? じゃ、それはポーチの札入れにお札を・・・・あぁっ、入れる時間がない、もういい、お札はじかにポーチに入れよう、あわわ、レシート、レシートですね、はいいただきます、えっとこれも・・・えぇーいこっちもじかにポーチに入れますぅー、てなことになる。スマートでない。

ではいっそのこと、このポーチと同じような大きさの長財布に(↓こんなのね)すればよいのではないかという話になりますが、こんな大容量の長財布に入れるほどの現金を持ち合わせていない。またラウンドファスナーって、お金を出し入れするたびに、びぃっと引っ張ったり閉じたりするのよね、補修はできるだろうけど、かなり早い段階で傷みそう。悩ましい。

希望としてはクレカ1枚、Suica1枚、銀行ATMカード1枚とお札数枚が入る札入れが好もしい。しかし単純な札入れのみに機能を絞ったものを探すとなるとなかなか見つからない。楽天内の検索力を駆使しても、この印伝のものしか見つからなかった。うん、機能はずばりこれなんだけど、残っている柄が好みのものではなかった。

で、この三つ折財布。いろいろ考えたんだけど、三つ折になり長さを節約した分、厚みが増してしまい、これはまた好ましくない。ムクッとした厚手のものはあまり持ちたくない。これも熟慮の末、却下。こういうピンクとかの陽気な色を使ってみたい気もするんだけどね。

薄い財布も考えてみた。この薄さで小銭入れをつける根性に脱帽しつつも、お札の収納法がいじましくて、これは無理、まるでお金をつかうな、一切使うなというばかりの設計ではありませんか、それでは本末転倒でございます。お金の出し入れに四苦八苦したくないんですよ、ぼかぁ。

もっとこう、お金の出し入れが極限なまでにシンプルにでき、水色ポーチに収まる薄い品物はないのかと探していたところ、こちらを見つけました。このデザインで蓋がないのが希望なのですが、それでは実際、多くの方が希望している「財布」ではなくなってしまうので、その点については妥協することにしました。小銭入れもついてます、カード入れのスペースも必要最低限で願ったり叶ったり。18.5cm ✕ 9cm ✕ 1.5cm と希望する薄さ。よしんば買い物に失敗したとしても、お値段お手頃税込3939円、これなら失敗しても我慢できる。国内縫製のお品らしいですけれども、どんな品物が届くのでしょう、ちょっとワクワクしております。

これが届きましたら、いま使ってる札入れ・小銭入れは購入した時の箱に戻して一年ほど休憩してもらい、立春大吉の日に新しい物をおろそうと思っております。うーむ、それにしてもこちらのエルメスのお財布40万円、これならインデックス投信でも買ったほうがいいんじゃなかろうか。財布に対しては出せて10万、時計には80万(出さないけど)ってところじゃないかなー。いやはやいやはや。

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください