詰め合わせバスソルトを詰め合わせ/CEL DE COULEUR セルデ・クルール/嘆きの鞄病

プチギフト バスソルト セルデ・クルール

去年、お友達からいただき、最近ようやく封を切って使い始めてますが、これいいね! 1ボトル1回使いきりで、「わっ、入れすぎた」「わっ、少なすぎた」「わっ、こぼした」などという悩み事から開放されます。パッケージもかわいいのでまとめ買いして、「あっ、今日、●●ちゃんに会う、おみやげがないっ」てなときに備えておくとよいかもしれません。

バンフォードのバスソルトが5,000円250gって安いの? 高いの? セルデ・クルールのが1ボトル25gで使いきりってことは、バンフォードのは10回分、1回が500円、オゥー、ファッキン・エキスペンシブ! いやーそこまでしなくてもいいよねぇー。

ファッキン・エキスペンシブつながりで。昨日、古着屋の若い社会性の高いしっかりもののお嬢さんと精算のときに「わたし、エルメスのバーキンをいつか買ってみたいっておもてるんですっ!」という話題になった。「うちにもバーキンとかくるんで在庫として持ってるんですけど、アホみたいな値段で正直どうかしてるって思うんですけど」と。「値段はさておき、バーキンは革が二層になってる部分があるから重いんだよ! 28cmので1000g、35cmで1500gあるんだよ! 鞄だけで牛乳1.5本分だよ! みんなその中に重い資料とかタブレットとかいれて総重量3kgくらいのをがんばって片手で持ってるんだよ! あれを通勤に使ってる女子は重量にバリバリ耐えているけなげなバッグなんだよ!」とお応えしてきた。「はっ!重さは考えたことありませんでした!! じゃ、軽そうなケリーを目標にします! あ、でもケリーだとエレガントにしなくちゃですよね、路線は変えられないし・・・どうしましょう!?」、うふふふ、どうもこうも。

M●6とかいう西欧のブランドでちょっと厚手の財布を斜めがけにして今年流行のワンハンドルもつけてみましたというすっとぼけたコレクションラインのバッグを売りだしていて、これが、ショルダーの革は安手の合成皮革みたいでがっちがち、粗い型押しのパイソン、ファッション性を優先したのはいいけれどもこれで68000円(+税)。おしゃれブランドなのでこのくらいの値段をつけるのはわかるけれど、日本の鞄職人がみたらちゃぶ台ひっくり返しそうな素材の悪さで、縫製は普通だと思うけど、バッグとこの値段の折り合いの悪さは一体どうしたことか。かわいいデザインなのに、もうちょっと真剣に素材選ぼうよー。H&Mの売り場に紛れ込んでいても、誰も気が付かないよー。

ワンハンドレッド  きれいな女性が持っているおしゃれアイテム100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください