まだ知らぬ漫画めくるや檸檬の実/森アーツセンターギャラリー『ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~』

http://manga-9art.com/

概要はアートスケープさんのサイトから。
ルーヴルが欲しがった9番目の芸術、「漫画」。
 古代文明から19世紀中頃までの膨大な作品を所蔵する、世界最大級かつ最高峰の美術の殿堂「ルーヴル美術館」──1793年の開館以来、200年以上の長い歴史を持つルーヴル美術館が、「漫画」でルーヴル美術館を表現するという、かつて無い新たな試みとして「ルーヴル美術館BDプロジェクト」を立ち上げました。

ぬーぬーぬー! 行ってよかったけど、行ってよかったけど・・・・お値段未満ニトリというか「SHA・RA・KU・SA・I☆」っていうか。五十嵐大介さんの原画とか、松本大洋さんの原画とか谷口ジローさんの原画とかハフハフよだれのものもありましたが、五十嵐大介さんのと松本大洋さんのは正直複製画でもいいから欲しい!と思いはしましたが。ルーブル美術館へのオマージュ作品がナイトミュージアムみたいな話ばかりで「漫画の力はもっとこう、ほれ、いろいろあるじゃろう?」と問いかけたくなったりとか。とても素敵で気の利いた展示だったんですけど、板橋区立美術館のよりぬき長谷川町子展の入館料650円を考えると! ぬーぬーぬー。あの展示の長谷川町子への溢れまくっていた愛の深さを考えると! ぬーぬーぬー。いろいろお土産買って帰ってきちゃったんだけど、ぬーぬーぬー。

とはいえ、この企画で生まれた以下の2作品は必ずや近々紙の本で読もうと思いますわよ。

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)

千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください