わしだっていまのハイテク味わいたい/任天堂スイッチとリングフィットアドベンチャーを買った話

賢者の贈り物

先日、お誕生日が近い友人同士3人で誕生日プレゼント贈りあいっこをした。ご予算はひとくち四千円×2で八千円前後。友人Aには、できの良いレンジーの硬質フィギュアを贈り、今度は友人Bと私の番です。さてどうしようかと一ヶ月悩んだ。

パーカーの書き味なめらなかな「5TH」という第5のペンにしようかな。丸善で試し書きしたのだけど、ボールペンと万年筆のハイブリッドのペン先で、いままでにない書き味、これならばよい俳句ができそう(俳句はスマホのメモ帳で作ってるくせに)と悩んだが、愛用中のモンブランのちびこいペンを使い倒すほうが大事と考え、見送った。このペン先を見てちょうだい、素晴らしい書き味なのよ! でも君を導入するのはまたの機会に。

それでは、口のあたりが欠けた愛用のロイヤルコペンハーゲンのコーヒーカップをこの機会に入れ替えるというのはどうだろう。でも、受け皿が二枚に増えるのも納得いかないし、こういうのにお友達からのご厚意をあてるのも無粋ではないですか!

となると・・・なんとなくなんですが、任天堂のリングフィットアドベンチャー? ゲーム機持ってないんですけど・・・・なんか、筋肉体操ができるんでしょう? これからの時代、お金を使っていいのは、筋肉と美容くらいじゃないですか。新しい道具を家庭に導入するのは悪くないことなんじゃないかしら。

というわけで、今年はリングフィットアドベンチャーをお誕生日ギフトにしてもらった。たまたま友人がヨドバシカメラで予約注文に成功したとのことで、運良く定価でゲットできた。Amazon などではえらい値段で転売されたりしていますが、店頭に地味に足を運ぶのが正解らしいです。ほんとう、そういうのよくないよ!?

任天堂スイッチ

その友人らと待ち合わせて、予約したリングフィットアドベンチャーをヨドバシカメラで手に入れた。「え、機械ないのにソフト買ったの? 禅?」と友人Aにツッコミを入れられたので、その場で任天堂スイッチも買った。本当はもう少しあとで買うつもりだったのだけどまぁそうだよね、先延ばしする意味はないよね。

私が購入した任天堂スイッチは店頭にある最後の一台だった。ヨドバシカメラすごい、なんでも買える、しかも定価で、素晴らしい。

だいたいわたくしがゲーム機を買うのは、灰色のスーパーファミコン以来のことで、そのスーパーファミコンだって、全然クリアできなくて途中でどこかに行っちゃって、私には一生ゲームに縁がないんだわと思ったくらいです。わたくしがぎうぎうの東海道線で通勤していた時代のお話です。それ以来の据え置き型テレビゲーム機の購入です。

家に帰り、箱から本体を取り出し説明書も読まずに電源をつなぎケーブルでテレビを繋いだ瞬間から、あれしてこれしてと画面からガイドしてくれるんです、Wi-Fiにも繋いじゃいます、オンラインでゲームが買えるそうです、えっ、そうなの? でもこんな立派な機械だけど、ゲームしかできないのか。タブレット端末になったりしないのね、などとTwitterでつぶやいたら、プチコンでプログラミングや音楽作ったりすることができますよとリプライをいただいた。プチコン? スチコン? スチコンだけのレストランが近所にできて、うっわー近未来ぃぃぃーと思ったものですけど、それとは違うものですよね?

ともあれ、恐る恐る使い始めたのですよ、任天堂スイッチを!

リングフィットアドベンチャー

リングフィットアドベンチャーは、ゲームソフト本体と、リングコンという車のハンドルくらいの大きな輪と、足に巻くベルトがついてきます。任天堂スイッチの赤と青のコントローラーをそれぞれリングコンとベルトに装着し、ゲームスタート。

悪の筋肉帝王が世界を闇にしてしまった! プレーヤーは自分の筋肉を使い様々なダンジョンをクリアして世界を取り戻すというゲームです。リングコンは上半身の筋肉の動きを使わせるため、ベルトは足を使った筋肉を、といった具合です。

ゲームの画面では動作のお手本が映されていて正しい姿勢を取ることができます。ポーズにズレがある場合はリングコンが察知し、正しいポーズを取るよう促されます、便利、ハイテク! ゲーム中はリングコンの精霊がナビゲートしてくれます。自分の筋肉を使って、筋肉悪魔大王やその手先と対戦するときにはさまざまな掛け声で励ましてくれるのです、NHKの筋肉体操のあの先生そのものです。

「キレッキレだよ!」
「汗がまぶしいよ!」
「いいね!」
「輝いてるよ!」

私だけの谷本先生がこの小さい箱のなかにいる---! この精霊の励ましボイスに助けられ自分の筋肉で敵を倒していきます。よくわからないと思いますが、筋肉で敵が倒せるんですよ!!! やってみないとわからないと思いますが、筋肉で敵を倒すんですよ!!

このゲームをやったところで筋肉ムッキムキになることはないと思いますが、正しい姿勢が身につきそうだし、なにより自宅で楽しく鍛えることができるのがよい。全部のステージをいつクリアできるのかわかりませんが、しばらく挑戦を続けてみたいと思います。なにしろ、あたしゃビリーズブートキャンプでウェストを12cm絞った経験がありますし(おばあちゃん、その話、12回めだよ!!)、ポケモンGOで地道にウェスト2cm絞った経験もありますから(もう、そっちは3回め!)。それよりもなによりも、自分の生活にこれほどまでに任天堂由来のものが食い込んできていることに驚き、くそぅ、映画「名探偵ピカチュウ」めぇ・・・任天堂の世界戦略めぇ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください