おとなしくしておるべきと流行り風邪/新宿御苑の年間パスポート更新と御苑ポケGO物語

 

いろいろ情報がでてきてわかったけれど、春節以前から国内に新型肺炎ウイルスはじわじわといたのだろう、今になって検疫体制・検査体制が整ってきて市中の感染者の姿が目につくようになった、しかし陸続きの香港であれだけ感染を抑止できているのに、なぜ海を隔てた日本はこんなに。武漢から広州まで1050km、広州から深センまで132km、深センから香港中心部までローカル線で一時間という距離なのになぜこんなに違うのか(いろいろ背景があるのだろうけど)。

そんな中「人混みは避けて」とあべちゃんがいうので、人がいなさそうな日曜日の新宿御苑に行ってみた。

あわせて年間パスポートの更新をしてきた。一回の入場料は500円だけど年間パスポートは2000円で、どうも算数がおかしい。年間パスポートは、新宿門、大木戸門、千駄ヶ谷門のどこでも作れるのだけど、今年は千駄ヶ谷門で作ってみた。受付で申し込み、受付のすぐ裏手にある撮影ブースに誘導される。カード発行の手順もいろいろと進化している。最初に作った年は照明も少ないところで小さな鏡を見て顔を整えて撮影し、その30分後になにかの被疑者のような顔色の悪い女性の顔写真が入ったカードを渡されたものですが、今年は、女優さんの控室みたいな照明がバシッと入った小部屋で撮影し、顔の造作はともかく肌色はそこそこ許容できる明るさのカードがその場ですぐ発行された。環境省の進化よ、素晴らしい。

御苑内はいつもの半分も人がいなかった。天気も悪かったので1/3ほどだったのかもしれない。半分もいなかったけれど、各国からの観光客はちらほらといて物静かに散策していた。私もポケモンGOやったり(新宿御苑の年パスホルダーでポケGO愛好者は結構いるようです、中高年の健康づくり!)、冷たいベンチで本を読んだり、2時間くらいぼーっとそこにいた。

こんな都心に、こんなに静かで美しい場所があって、一年にならせばタダ同然みたいな金額で入場できるなんて、なんて素晴らしいことなんでしょう。

新宿御苑の中央の池の近くに今年はスターバックスができるそうです。いまなら寒桜と水仙が盛りです。茶店・喫茶店・お抹茶が出る静かな茶席・レストラン、なんでもございます。私は一週間、ポケGOの世界で50km歩くようにしていますが、「今週歩き足らないではないdすか!」というときは、新宿御苑をウロウロして調整しています。一年に20回以上行ってる気がしますが、それでもまだ知らない小径にぶつかったりします。ポケジムが3箇所あります。ポケストップはそら無数に。ホエルコの巣がたまに出ます。みなさまも東京にいらした際にはぜひ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください