菜飯炊くおじさんたちのごはん自慢/Web有田陶器市など

去年の今頃、広州駅で「大きい・・・羽田空港第1ターミナルより全然大きい・・・」と呆然と立ち尽くしたんだよなーってのを思い出していますが、あんなふうにほいほい旅行に行けるようになるのにあと5年はかかるんですかね、どうですかね・・・。

WEB有田陶器市

さて、コロナで「ゴールデンウィークといえばこれ!」なイベントが各地で自粛になっておりますが、なんと、最前から行きたかった「有田陶器市」がウェブで展開されています。

【Web有田陶器市】おすすめ商品

壮観~!!!! 「なんでもいいからホムッペ作って!」「えっ、えっ、予算もないよぅ」「写真あれば作ってやるから! 予算なくてもいいまはそれっぽいホムッペが作れるいいサービスがたくさんあるから! とにかく若い衆がなんとかしてやるから!」という熱意が感じられたりしますが、ほんとうに壮観。
商工会が一覧ページを作り、買い物・決済は各々のリンク先のオンラインショップで、運用もそっちでやってねという豪快なまとめ市ですが、短い時間にこういうシンプルさで挑むのはとてもよいと思います。すてきすてき。

有田ですと、以前お友達にもらったKIHARAの豆皿セットがとても優秀で愛用している。紅茶を蒸らす時の蓋にも使ってたりする。同じデザインの箸置きも面が広く安定していてしゅてき。おすすめ。

WEB版 春の益子陶器市

益子でもWeb陶器市が開催されています。益子らしさを全面に出しましたという感じ。こちらは全作家さんの陶器をまとめてオンラインショップを作ってらっしゃる。コロナ禍で市の開催を取りやめると決めてからここに至るまでどのくらいの期間があったかわかりませんが、こちらもこちらで大変な苦労をされたことと思います。

どちらもたくさん売れますように!

「ウェブで販路を!」的なものでうぉぉと感じたサイトのリスト

豊洲市場 廃棄処分になっちゃうものを大量にお安く!プロの材料しゅごい。
札幌商工会議所 札幌界隈のおいしいものがうわーうわー申し訳ない価格でうわー!
ほっかいどう応援団会議 北海道のおいしいものがうわー申し訳ない価格でうわー!
e-hon 本を注文して近くの本屋で受け取りサービス。日本の本屋と流通で買おう!
食べて応援学校給食 給食休止で余った食材を買おうサイト。売り切れ多めですけれど。

こんなご時世で通販を使うのは不要不急の物流を増やすようで正直気が引けるのですけれども、一度くらい、一度くらいは買ってみてもいいでしょうかどうでしょうか。

おじさんたちのごはん自慢

十数年前から追ってる経済評論家のおじさんたち、今も本を書いているけどTwitter での情報発信も頻繁で、どれどれどんな写真を投稿しているのかなと見てみると食事写真がとても多い。最近は「●●のテイクアウトで買ってきました」というちょっとお高いお店のちょっとよいお料理を、食卓に並べたりお皿に盛り付けたりしているのですが・・・・

なんだよ、その白い丸皿、春のパン祭りかよ!
 春のパン祭りを貶めているわけではありません
なんだよ、そのすりガラスの器、理科の実験かよ!
お皿がダサい・・・・おじさんたちの食卓のお皿がとてもダサい・・・・

普段、高い店で高いものを気取った価格帯で食べているはずなのに、自分家の食卓の器には気を配らないのかい? こういうおじさんたちの家に乗り込んでお皿コーディネータとして君臨したい、「そのいただきものの変な花がらの器、ときめきますか? あなたはこの器に●●亭のたいそうな料理を盛り付けてときめいているんですか! ときめきゴハンを楽しんでいるのですか!?」ととっちめたい、引き出物でもらってサイズ感がちょうどいいからと使っていそうな昭和の新婚家庭のような花柄の器を一掃してあげたい! 

近所に一日の売上を確保したらさっさと店を閉めちゃう算数がチョット苦手で無愛想な鮨屋があるのですが、そこの器は立派でセンスがいい。あの無愛想なジジィ、なかなかセンスがいい。またその近くの蕎麦屋は、あまり見ない深緑の美しいおちょこに新潟のよいお酒をだしてくれて、また凝ったデザインの器にきれいな蕎麦を出してくれる、器選びを楽しんでいるのが感じられるよい店大変居心地がよく、お蕎麦がとても美味しい、潰れないでほしいお店のひとつ。

そして、そういうお店に好んで行ってそうなおじさん評論家さんたちは、目が肥えているはずなのに、お金もあるはずなのに、なぜ自宅の食器がダサいのか。

とここまで書いて思ったけど、器がダサいんじゃなくて(ダサいのもあるけど)、写真の撮り方が壊滅的に下手なだけかもしれないなということにも気がついた。おじさんたち、がんばれ! 自粛生活でいろいろなものが可視化されつつある時代ですが、おじさんたち、がんばれ、土井先生を見習って! そして食器買い替えて!

 

Casa BRUTUS特別編集 器の教科書 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください