夏きたる放送大学偉大だな/地上波初放送「名探偵ピカチュウ」竹内涼真の撮影小話・その他トリビアなど/「朝鮮の歴史と社会-近世近代第8回」

映画「名探偵ピカチュウ」

名探偵ピカチュウ(吹替版)

金曜の夜、昨年5月に公開された「名探偵ピカチュウ」を民放地上波で初放送した。いまや「お茶の間」というものは全国のひとたちとつながっている広大なSNSのこと。「ポケモンなんて、ピカチュウの存在しか知らなかったのによく見に行ったよな」と感慨深くしみじみと鑑賞しているさなかにも、いろいろな小ネタや撮影トリビアが流れ込んでまいりました。

・主人公ティムの吹き替えを担当した竹内涼真。製作発表の際来日したロブ・レターマン監督にひと目で気に入られ、急遽出演が決定した。多忙な竹内涼真は一日だけ空いていたオフ日にロンドンにむかい、ポケモンバトルのプレイヤーの役を演じた。
公開時には「誰、あの日本人っぽいアジアのイケメン!」と思っていたけど、そうかー、この人が竹内涼真という人だったのか! 日本人のイケメン像ってこういう「木村拓哉的な」要素が感じられる人にまだまだ需要がありますね。
https://twitter.com/Warmachinesaiko/status/1263803959833067521
https://twitter.com/gude_mocho/status/1263805010363797504

・みんな大好きシワシワピカチュウのあのお顔は、ライアン・レイノルズの奇跡の表情が元ネタ。ライアン・レイノルズも苦労したんだね!
https://twitter.com/Warmachinesaiko/status/1263825307477237761

・本作で悪役を演じるビル・ナイ(パイレーツ・オブ・カリビアンのタコおじさん)は、出演が決まった段階ではポケモンのことをよく知らず、図鑑買ったりしてるうちに激ハマリしたそうです。いい話!
https://twitter.com/moooooooojuro/status/1253482193013207040
Bill Nighy Has Become A Fan Of ‘Pokémon’ After Working On ‘Detective Pikachu’
Nighy also has a collection of very heavy Pokémon stone wall hangings that and admitted that the original Mew was probably his favorite all-time Pokémon, saying that:

・主人公ティムの親友役を演じているインド人カラン・ソーニは、実写版デッドプールに出てくるやばいタクシー運転手さん(まぁティムの親友役にしては老けていると思っていましたが・・・)。
https://twitter.com/MOROMORO251/status/1263803029192536064

・ピカチュウを演じたライアン・レイノルズはたぶん、ものすごくいい人で、こんなエピソードがあるそうです。

そしてそれを刺繍しました。この週末の新作です。

放送大学

このチクチクをやっている間、ハラリ先生じゃちょっと重いし、しかし音楽を聞いているだけでは勿体ないし・・ということで、放送大学の歴史講座を聞きました。

朝鮮の歴史と社会-近世近代第8回(タイムフリー終了)
月脚先生の講座。18世紀初頭から日本の明治維新のあたりまで。
朝鮮は朝鮮で「えっ、わが宗主国清がお許しをくだすまで、諸外国のために港を開くなんて・・ねぇ・・・」とのらりくらりと回避していたのか。しかしなんやかんやあって結局修好通商条約を結ぶ。朝鮮には不利な内容だったが当時は概ね満足しており、しかしその「宗主国清」やこの修好通商条約が日韓併合へ至る道につながっていくと・・・・。
ハラリ先生がヨーロッパ的なものがアジア各国を開国せしめんとするくだりをお話していましたが、その辺の解像度がぐっとあがりました。わたしたちが手薄な近代の生々しい歴史の始まりです。この朝鮮の講座はしばらく追っていこうとおもいます。

朝鮮の歴史と社会-近世近代第7回 | 放送大学(タイムフリー終了)
こちらは近世朝鮮の農業と徴税についての講義。
大陸のはしっこに位置する朝鮮半島はもともと岩盤が厚く土壌が薄い。そこに生えることができるのは主に松。
村や集落といった人間が暮らす共同体に対してではなく、田畑の土地単位で徴税していた朝鮮。そのため土地に対する執着が薄く、「来年その田畑を耕すのが誰だかも見当つかない」状態だったそう。施肥をしたり土地を大事にするという感覚が少なかったよう。また毎年7月には日本の梅雨をしのぐ長雨が続き土壌が流れてしまう。痩せた土地でもなんとか持ちこたえることができたが、近世後半には状況がひどくなる。松はすべて燃やし燃料として使う。土地が痩せれば別の土地を開梱し、山が開かれる。しかしそこも次第に痩せまたひとつ禿山ができてしまう。北朝鮮西側沿岸部は三毛作やってたりしてたらしいですが、記録が残ってないそうです。

なるほど・・・わたし、2003年の春に韓国に一度行ったことがありますが、機内から「なんか緑が少ない・・・2月だからかな?」と思ったものですが、なるほどそういう歴史があったのか。徴税の仕組みが国土を構築するなんてあまり考えたことがなかった。っまだまだ知らないことがたくさんあるし、おとなになって社会の事情をいろいろ知ることによりその勉強が血肉になっていく感が半端ない。

この講座を監修している方は須川英徳先生で教材はこちらです。放送大学に入らなくても買っていいんだよね、これ?

朝鮮の歴史と社会-近世近代 (放送大学大学院教材)

緊急事態宣言暮らし

コロナ自粛 → 予定していた旅行がなくなる(姉ちゃんと石垣島に行くつもりだった) → 新宿御苑も閉まる → 家にいることを余儀なくされる → クロスステッチ刺繍を始める → 自作図案刺繍にハマる → しかしちくちくの間は耳が寂しい → オーディオブックでハラリ先生の「サピエンス全史」を聞き始める → 放送大学でサピエンス全史を補完する 

素晴らしい!! なんだこの流れ!!!! 新しい扉がうっかりと開かれた自粛生活です。俳句仲間とやってる月に一度のネット句会も楽しいし、味はいいけど毎回サービスに疑問符が残る店の美味しい料理をテイクアウトできる暮らしというのも悪くないです。美しい季節を自分の半径1マイルな地域に限って過ごすことにより、白い巨大なキバタンを筆頭にインコをたくさん飼っている謎のおうちやアマリリスの鉢が年々増えている園芸上手なおじさんがいる長屋、薔薇垣が盛大になっていく黄色い屋根の家など、町の解像度が鮮明になり、わが町新宿区はいい町ですなーと堪能できたのも悪くなかったです。さて6月からはどうなるのかしら。

お誕生日祝いクロスステッチ


友人の誕生日祝いに。HAPPY BIRTHDAY の文字の間に彼女の家にやってきた白い猫ちゃんの刺繍をはさもうと思ったら、面積がまったく足らず、急遽、その猫がやってきた日を差し込み完成。はっ、これはで猫ちゃんをお祝いする刺繍ではありませんか! 

しかし、私に足りないのは余白だなーとしみじみ思いましたよ。

 

けっきょく、よはく。余白を活かしたデザインレイアウトの本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Notice: Trying to access array offset on value of type null in /home/users/2/oops.jp-mouse-design/web/wp-kimonomichi/wp-content/plugins/amazonjs/amazonjs.php on line 637

Notice: Trying to access array offset on value of type null in /home/users/2/oops.jp-mouse-design/web/wp-kimonomichi/wp-content/plugins/amazonjs/amazonjs.php on line 637