ハンカチ持った?/コロナショックに寄せて その25/コロナ禍生活を快適にするものをいくつか

コロナ禍で生活習慣にさまざまな変化がありました。私の中では大きくふたつの変化がありました。
ひとつは、外食制限が敷かれている中、仕方なく快適自炊のための環境構築を重ねていったら料理が好きになったこと、もうひとつは外出時にアルコールジェルとハンカチを必ず持ち歩くようになったこと。

外出用アルコールジェル

サラヤの40mlアルコールジェル。まず容器が小さい、高さ9cm、幅3.5cm、厚み2.5cm。開閉が楽。デザインがシンプル。化粧ポーチのなかに入る。お値段お手頃(1個200円)。昨年夏、秋葉原のあきばお~のレジ前でひとつ200円で売っているのをみつけ、そのときは購入個数制限をかけていなかったので1ダース買わせてもらった。サラヤのデザイナーさんの「医療のためのものなんです、機能的なんです、無骨な見た目に見えるかもしれませんが、かわいすぎず質実剛健なシンプルなラベルにできたと思います、みなさんにもぜひ使っていただきたいんです」というメッセージが聞こえてきそうでよいです、とてもよいです。

リネンのハンカチ

ハンカチはリネンのものを四季を通じて使用。本当は夏向きの素材だとわかっているのですが、だって乾くのが早いんですもの。

カフェに入る → 石鹸で丁寧に手を洗う → ハンカチで手を拭く → 席に戻り、濡れたハンカチーフを膝の上にかける → エレガントマダムとみせかけて、実際はハンカチを膝の上で乾かしているだけ! → ゆっくりとお茶をいただく → 30分経過、あら不思議、リネンのハンカチが乾いてる!!!  → 乾いたハンカチはまたバッグの中へ。

天然繊維の薄手のハンカチはいいぞ。バッグの中で場所を取らなくて、軽くて清潔。
今回買ったのはメンズ用の大判ハンカチでしたが、こちらで女性向きのイニシャル刺繍をいれてもらいました。 これがクッタクタになるまで使い倒すのが私の目標、越後上布や宮古上布を着倒すのにちょっと似ているかもしれません(ちょっと言ってみたかっただけです)。みなさんも天然繊維のリネンや海島綿に包まれた生活をぜひー。

自動で泡がブシュッとでるハンドソープピカチュウスタンド

これはお友達が送ってくれたんですが、「すっと手を出すと必要な量の泡がじゅっとでてくる」ピカチュウスタンド。便利。とても便利でキッチンの隅っこに置いてます。このスタンドの天辺にスマホがギリギリ置けるので、Dr.STONE や 進撃の巨人のアニメを見ながら料理をつくっています、首にはJBLのサウンドギアをかけて、声優さんの声を身近に堪能しながら。「こいつあ、唆るぜ」「オイスターソースという科学の力だぜ」などとぶつぶついいながら、ふかふか椎茸を切ったりしております。ふかふか椎茸も最高。

 

まぁこうやってみると、コロナ禍でも結構楽しくやってますね、わたし。Amazon prime video であふれるほど提供されいてるコンテンツのおかげともいえますが。

以下は最近見ている作品です、最近の週刊少年ジャンプの「主人公は天才」メソッド、ほんとうに素晴らしいですね。進撃の巨人の完結に向けてアニメをシーズン1から振り返りつつ見ていますが、コミックスで追っている立場としては、初回からよくこんなに伏線用意していたなーと感服することしきり。壮絶な最終回が待っているそうですが、どうなることでしょうか。

Dr.STONE 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

呪術廻戦 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

進撃の巨人(33) (週刊少年マガジンコミックス)

ビッグバン セオリー シーズン1-12 [Blu-ray リージョンフリー ※日本語無し](輸入版) -BIG BANG THEORY S1-12-

PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください