冬菫青いドレスを褒めらるる/『しあわせの絵の具 / 愛を描く人 モード・ルイス(英語版)』(原題: Maudie)

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(字幕版)

あらすじはeiga.comから。
カナダの女性画家モード・ルイスと彼女の夫の半生を、「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスと「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホークの共演で描いた人間ドラマ。監督はドラマ「荊の城」を手がけたアシュリング・ウォルシュ。

いやはや素晴らしい映画でした。

わずか4×3.8m2の広さの家で暮らすモードとエベレット、二階の狭いロフトが寝室。少し体重増やし無骨な魚の行商人を演じるイーサン・ホークのご老人演技は素晴らしいし、全身を使ってモード・ルイスを演じるサリー・ホーキンスも素晴らしかった。

彼らの生活の描写があまりにも貧しく慎ましく原始的すぎて(なにしろ電気もガスもないし、エベレットの車は自動車博物館に並んでいてもおかしくないような原初の自動車といってもいいようなもので)、戦後の北米大陸北東部の漁師村はこんなに昔ながらの暮らしだったのかと思って見ていくのです。しかし物語の最後半、その骨董カーで夫婦は街に行くのですが、そこはきちんと1970年の北米大陸の姿、平べったく長いフォードが行き交っている、えっ、えっ、二人はそんなに貧しかったのかと。もうなんてこと。4×4mの家って、ふええんうちのリビングの中にすっぽり入っちゃうじゃないですか、うええええん。

物語の舞台になったのは、カナダ北東部ノバスコシア州のヤーマス郡とディグビー郡、物語の9割はディグビー郡でのお話。赤毛のアンのプリンスエドワード島の近くです。ハリファクスという街がその島で一番大きな街です、そのハリファクスから車で2時間半のところが彼女たち夫婦が暮らしたディグビー郡です。いつかいってみたいところリストに記録した。

モードの作品は、なぜかインチキ中華製グッズがたくさん出ているのですが、わかりやすいので引用させてもらいます。買わないように!

モードルイスサンデーライド ポスター 油絵 アートパネル 壁飾り 絵画 壁掛け ポスター 写真 インテリア フレーム アートフレーム キャンバス絵画 壁アート モダン 木枠付きの完成品 40x50cm

モードルイス 船とカモメ おしゃれ ポスター 油絵 アートパネル 壁飾り 絵画 壁掛け ポスター 写真 インテリア フレーム アートフレーム キャンバス絵画 壁アート モダン フレームレス 40x50cm

油絵 モードルイス 手紙と砂の入り江 ポスター アートパネル 装飾画 モダンアート ウォールアート キャンバス寝室の装飾 インテリアアート 壁の絵 飾塗装 絵画部屋飾り 壁アート キャンバスアート30x40cm フレームレス

なんて愛らしい作品なんでしょうか。機会があればぜひ。多くは語りませんが、ほんとにぜひ。

Capturing Joy: The Story of Maud Lewis

Christmas With Maud Lewis

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください