今週のWeb句会

今回のお題は「本」。
解釈をぐーんと広げて下さいということで楽しく作りました。
スティーブンキングが潜む夏の闇
スティーブンキングが季語になるとしたら、なんとなく秋か冬のような気がします。シャイニングとかミザリーって舞台はそういう時期でしたよね?
夏の宿畳の上の太宰かな
こんな温泉のある山の宿とかでね、
読んでる途中で眠っちゃって頬には畳の痕(あと)。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください