どうせ地獄に行くのなら

一度はつかりたい萌え地獄。
第1回 「子猫萌えぇ~~!」コンテスト結果発表
子猫もわるかないんだけど、ちょっとばかし薹が立ったおっさんの猫とか最高だよね。えぇ、ヒグマニアの宣伝です、ひさしぶりに。。。
今なら送料無料でお届けします(楽天だけど)。

子猫じゃないけど、数あるネットぬこ画像の中で、
相当の高ランクに位置する写真はこちら。

いいなぁ、こいつ(はぁと)。
昨日、路地裏でこっそり執り行われている猫の交尾を見てしまいました。自営業は見た! 路地の奥からたちのぼるただならぬ雰囲気にはっときがつき、そちらをじっと目を凝らしてみると、界隈のボス猫がキジトラ猫の首をかぷっと噛んだままじっと。最後に「(自主規制)」とヤクザのようにドスの効いた声で一鳴きし、ぶるっと体を震わせて終了。猫の交尾ってあんなに静かなものなんですなぁ。5分ばかり見入ってしまいました。
乙女心に火がついて、なぜかパン教室に通うことにしました。なにかあったら田舎でパン屋をやることにします。着物古着屋の夢も捨てがたく。
朝の連ドラ「だんだん」はさぁ、まなかなを大人のイメージに脱却させようと物語をくんでみたら、なぜかいまどき民放でもやらないどろどろ歌劇になっちゃったのねぇ。あと、島根のひとで「だんだん」を連呼するのは、クロードさんくらいしかいなさそうな気もします。よめじま! とかいいつつ、この時間帯になると必ずパソコンのテレビをつけて、その動向をチェックする習慣が身についてしまいました。だいたいコウタものんきすぎるわい!
  
そうだそうだ、
『芋たこなんきん』で朝ドラ面白いじゃん!と目覚め、
『どんど晴れ(現・天地人)』でがっくりとし、
『ちりとてちん』でまた夢中になりそりゃぁもう相当に夢中になり、
『瞳』は一週間で見るのをやめ、
『だんだん』に期待をするも工工エェ(´Д`)ェエ工(← いまここ)、
となったのでした、そうだそうだそうでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください