SPURムック 荒木飛呂彦責任編集「JOJOmenon」


カヲルちゃんと会うたびに「荒木飛呂彦の『ジョジョの奇妙な冒険』って確かに面白いし好きすぎるけど、こんなメジャーになる作品だとはちょっと思ってなかったよね」という話題になるのですが、そんなジョジョのムック本が女性ファッション誌SPURから発売されています。Clint Eastwoodと空条承太郎の2ショットの見開きがあることはネットで見ていて知っていたのですが、昨夜、六本木の本屋さんで空前絶後のジョジョフェアをやってまして、そこでこのムックを買って参りました。
冒頭の特集は「荒木飛呂彦、”伝説と会う”」で、Clint Eastwoodと対談する荒木先生。↑ ムックの表紙となる赤富士をバックにした空条承太郎のイラストを額装し、イーストウッド氏に贈る荒木先生。それに応えるかたちで、同じポーズを採るイーストウッド氏!

ぶはぁっ、鼻血がっ!!! 
荒木先生、「荒野に立つClint Eastwoodこそ、空条承太郎のモデルです」と熱く語る。うんうん、わかる、あの格好良さはClint Eastwood譲りだったのね。赤富士バックのこのイラスト、複製画があったらほしいにゃーほしいにゃー。
その他、芥川賞作家円城塔との濃密対談(円城塔氏の人となりがまた・・・)、日本画家山口晃との絵に関する対談、「岸辺露伴 グッチへ行く」、ジョジョ句会など、大人向けの編集でちょっとうなっちゃう内容。チノボーシカさん主催のジョジョ句会とかずるすぎるし!
・秋晴の岸辺露伴の居留守かな
・撃ちぬいたつもりでキスを草の花 (ズキュゥゥゥン、スガ追加)
・蛙が降るあいだ素数を数えてる
・ジョジョ立ちの正中線や秋の天
・花京院まさか葡萄もレロレロレロ
うっ、楽しい・・・・楽しすぎる・・・。
荒木先生、映画が好きなんだなぁ、作品の端々からそれはほとばしっていたけれども、やっぱり映画が好きなんだなぁ。しかし荒木先生が年々若返っていくのは、いったいなんの波紋の力なのやら・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください