不景気でレシーブ続けた9月かな

不景気なので、どんな小さい仕事でも「はい、喜んでー!」と回転レシーブしたり、右手出すだけのレシーブしたりと、いろいろ請けてサクサクと片付けた9月が終わりました。
9月にブログで公募して、入っていただいたバイトさんは、私の足りない技能を補ってくれる技能の持ち主で、なんていい人に恵まれたことでしょう! 実際、彼女には、この本のような思いをいだいてまして、これからもよろしくお願いいたします! 
続ぼくを探しに  ビッグ・オーとの出会い
続ぼくを探しに  ビッグ・オーとの出会い シェル・シルヴァスタイン,倉橋 由美子,Shel Silverstein
で、世の中のウェブデザインという仕事は、ものすごく人手がかかっていることを最近ようやく知りました。IT関係のお仕事している友人と、「スガやんって、自分でプログラム書くんですか!珍しいですね」などという話題になりました。私は、それを「プログラムを書く女性が珍しい」という意味だととらえておりましたが、ウェブデザインという仕事を分業してやるところもあるのよね! 知らなかった! 本当に知らなかった!
・プロデユーサーとかディレクターとか
・営業する人
・進行管理する人
・システム組む人
・ウェブをデザインする人
・スライスする人(デザインした画面を切り分けて実際の画面のパーツに分ける人)
・スライスしたものをブラウザで見えるように組む人
私はこれをひとりでやってることが多くて、効率もいいし、人件費もかからないです。別の会社の見積りきいて「えっ、そんなに?」と思うこともあるけど、命令系統がこんなん↑だったら、そりゃそうだ、うちの3倍するわけですじゃ。
だって、クライアントが「このボタン、黄色から緑にしたいなー」っていったら、こういう手順になります。
・営業さんがそれを受けて
・ディレクターに連絡して
・ウェブデザイナーに連絡して
・ウェブデザインしなおして
・スライスする人に渡して
・コード組む人に渡して
・終わりましたと営業さんに連絡して
うちの場合は、会議の場で、
・「このボタン、黄色から緑にしたいなー」
・「あ、ここでやってきます?・・・終わりました」
・「わー、変わった変わった☆」
ですもの。もっと高く見せる努力をするべきなのかもしれないけど、勿体ぶっても仕方ないしねぇ。コストパフォーマンスがいいんだなー、うむうむ。ですが、まぁまさに、
実費しか稼がぬ人に春よ来い
ですよ。実費しか稼がぬ人に春よ来い、なんですよ、ぼかぁ!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください