そぞろ寒中西君の本を買う

小池 龍之介
ディスカヴァー・トゥエンティワン

¥ 1,050

(2011-08-16)


ぐわー、しまった。この本 ↑ を買おうとしていたのに、平常心のレッスンを買ってきちゃった!!! 
新書って700~800円で2時間くらいで読みきれて、そこそこにお腹いっぱいになれて、それだけで映画見るのと同じくらいのエンターテイメントだと思っております。が、この前、ある新書を読み終わり、「うひゃっほぅ、これはたいそう面白い新書じゃないですか!」とウヒャウヒャした私、Amazon のブックレビューでみんなはどんな感想をもったのかな、とのぞきにいったら、たいそうな星の少なさ&disりっぷり。なんというか、出たばっかりの本で、若干悪意も感じられるそのレビューの罵詈雑言っぷりはもはや営業妨害と言えるのでは・・・・? というか、700円かそこらの本ですべての問題が解決して、あなたの人生が変わるわけじゃないじゃん! 一冊くらい外したって文句いうんじゃないよ! いうんじゃないよー! ないよー! ないよー!
だいたいみんなみみっちぃところで文句言い過ぎ! 文句言える場所で文句言うってのが貧乏くさくてよくないわ、と、私は、思う。
映画127時間のレビューも覗いてみたけど、なんだかなぁもぅ。「オチが途中で見えてしまって面白さ半減」、おまえなー、生死の境を生き抜いた人間の手記が原作ってだけで、オチ丸見えじゃん! そんなふうにしか映画を楽しめない人間に、ダヌー・ボイルは映画作ってないわよーないわよーないわよー! いや、もちそん、そういうテーブルの上にも乗っからないくだらない映画や新書はたくさんあるけどね。
ふぅ・・・すみません。ちょっと、熱くなってしまいました。今、都内某コーヒーショップにいるのですが、「私の年金受給額はいくら」「あら、すごい」「主人の厚生年金が」「それは準備しなかったあなたの自業自得でしょ?」「なんですってぇー!!」というテーマで、年配の御婦人方ががたがた騒いでいるものでして。
自分メモ:今日の火鍋はおいしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください