コーエン兄弟の「トゥルー・グリッド」

---
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

¥ 3,065

(2011-09-09)


コーエン兄弟の「トゥルー・グリッド」、見はぐっていたので近所の名画座で。
トム・チェイニーなる男に父を殺害された少女マティは、彼が逃亡した先住民居留地にひとり向かい、金品を売り払って評判のいい保安官・コグバーンに復讐の助力を依頼する。娘ひとりでの仇討ちなど夢物語、とマティの依頼を一笑に付したコグバーン。しかし、チェイニーを生け捕ろうとするレンジャーのラ・ボーフの協力を得て、ようやくコグバーンはチェイニー追跡に乗り出す。足手まといになるとの彼らの罵声を意に介さず、ただ一頭の愛馬とともに追ってきたマティを含めた三人組は先住民居留地に踏み入り、チェイニーがお尋ね者ネッド一味と合流していることを知って、彼らを待ち受ける。少女の復讐は果たして無事行なわれるのか。

トム・チェイニーがフェロモンダダ漏れ俳優、ジョシュ・ブローリン、コグバーンがジェフ・ブリッジス、レンジャーがマット・デイモン、で、マット・ディモンがよかった、いや、ジョシュ・ブローリンもよかったし、ジェフ・ブリッジスもよかったけど。コーエン兄弟の「ふざけんな金返せ!」と劇場でふんぬーとなった「バーン・アフター・リーディング」にくらべたら全然映画らしい映画でよござんした。物語の後半、「あ、この映画はハッピーエンドじゃないんだ」という予感が迫ってくるくだりが切なかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください