新涼や汚物はみんな消毒だ/映画「マッドマックス 怒りのデスロード」立川シネマシティ爆音上映会

マッドマックス 怒りのデス・ロード [Blu-ray]

もう今年はこの映画があればいい、あとの映画はどんなにお金かけていただいた大作でもそれなりのものでよいです、一向に構いません、願わくば年内に新作・半裸マコノヒーが拝められればそれでいいです、本当にマッドマックス 怒りのデスロードがあればいいです、と思ってます。もう一度マッドマックスを見たい、夏の終わりにいまいちど見てみたい! どうせならアトラクション的上映ではなく、心底没頭できる環境で・・・・、そう、行くしか無いのか、マッドマックスの聖地・立川シネマシティへ!! で、行ってきました、中央線にどんぶらこっこと揺られて行ってきました。

爆音上映会の詳細はこちら、PDFでご覧いただけます。

前回MX4Dで見終わってから5週間以上経過しています。その間、サウンドトラックをずっと聞いておりました。似たような楽曲ばかりだけど、後半の「Let them up!」が流れると毎回じいぃぃんとしておりました(砦にもどってきたフュリオサ大隊長たちを迎えた人々が「彼らを上にあげるんだ!」と言ってるあのシーンですね)(それまでの重低音の戦闘シーンと違って、荘厳でありながら明るい光に満ちた音楽で、聞き返してる今もふえええーんとなります)。あれから5週間、Twitter でたっぷりと小ネタを仕込んでからの爆音上映会です。ええ、久し振りに訪れた立川は再開発が十分になされ大変に小奇麗な街になっており驚きました。立川北駅からすぐ近くのシネマシティの客席の混雑具合は常軌を逸してましたし、終わったあとの「マッドマックス、キめたぜ!」「俺もキめたぜー」「パパはお砂糖が大好きなのよ!お鼻から吸っちゃうくらいに大好きなの!」的な熱気がまた心地良かったです。本当によい映画。映画らしいよい映画。これを100億で作っちゃうなんてなんて素晴らしいこと。ジョージ・ミラーさんはやりくり上手ね!

さて、映画をじっくり見返しました。

映画開始直後、双頭のトカゲちゃんを食べるマックスさん、
その30分後、砂嵐が過ぎた後の砂盛りマックスさん、
その30分後、親指立ててスプレンディッドやるじゃんと労うマックスさん(その直後にまさかの落車)、
その30分後、徹夜で作った血染めの資料を用いて塩湖でプレゼンするマックスさん、
その30分後、フュリオサ大隊長と目で挨拶してお別れしていくマックスさん、

やだ! トム・ハーディー、超かっこいい!!! そしてこのそれぞれの30分の間に大カーアクションが織り込まれているわけです。

・「大隊長どこいくのー?」「東よ」「輸血袋くっつけて俺もデスロードで派手に散るんだ!」→カーアクション
・アホの子ニュークスも目が覚めたよ、いやーんイモータンが追ってくる!→カーアクション 
・ニュークスヘマして戻れないめう、みんなと一緒に行くめう→湿地帯でカーアクション
・「俺がいれば砦に戻りやすくない?」と頭がよくなったニュークス、砦に戻る→カーアクション

やだ、「出っ張りがある!」「・・・木よ」「そう、木!」とか言ってたアホの子ニュークスがどんどん成長してってかわいい!!! イモータン様に銀のスプレーをぶっかけられてるときの恍惚とした表情は、映画史上に残る男子アヘ顔ベストテン入り確定よね! そしてこのそれぞれの30分の間に戦闘を続けるフュリオサ大隊長も(以下略)。

あぁ、面白かった・・・・。本当に面白い映画でございました。爆音上映会はサウンドトラックの復習に最適でしたし、あらゆる音声がクリアになっており臨場感もあり、役者さんたちの声に重みが出ていて、大変に贅沢な上映方法だと思います。マックスさんは弾丸が彼の耳を何度もかすんでいく目にあうのですが、そのときの音がこれほどまでにクリアだったとは気が付きませんでした(フュリオサがマックスさんに「肩貸して」というシーン、最高ですな!)。 

いやぁ、アホの子ニュークスのニコラス・ホルトさん、かわいい。。。ゾンビ役やってるよ、今ならHULUで見られるよ! ゾンビメイクとウォーボーイズメイク、ほとんど変わらないね! うふふふ。
ウォーム・ボディーズ [Blu-ray]

スリット先輩のジョシュ・ヘルマンの「なんか質問ある?」、もうニマニマしっぱなし!
【マッドマックス4】ジョシュ・ヘルマンだけど、なんか質問ある?【X-MEN:フューチャー&パスト】
X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション(2枚組) [Blu-ray]

ギンレイホールでやるのかなー、これ。いまいちど劇場で見ておきたい気も。昨日も鑑賞中にダバダバと涙がでてきたんですけど、一体これはなんなんでしょうねぇ、鉄馬の女たちの七人の侍的シーンで泣くならまだしも、冒頭の水耕栽培で追いかけっこシーンで早速涙が出てくるなんてどうかしてます。この熱意、自分でもよくわからないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください