夏近しニッポンの未来はウォゥウォゥウォゥ/副島隆彦「マイナス金利「税」で凍りつく日本経済」/三菱と名のつくところの思い出を

マイナス金利「税」で凍りつく日本経済

「マイナス金利ってどういう未来をもたらすのかしらー」と思って本屋に行ったところ、それっぽいご本がでてたので購入。黒田総裁の「マイナス金利砲」が飛び出た日、ついったでフォローしてる経済系の男性が「こりゃ地銀がえらいめにあうで」と言ってて「なんで地銀がえらいめに?」と疑問に思ったものですが、この本を読んでだいたい理解できました。「マイナス金利ってそういうことだったんだ会議」ですよ。表紙の副島先生のお顔も凍りついてるけど、内容もおぉ寒い、またもやわしらの未来のお先真っ暗情報に触れてしまいました、うげー。このご本の教訓をひとことでまとめると「選挙の前に株を売れ」でした、他にもいろいろあったけど手っ取り早くはこんなところです。

この時代の竹中平蔵とそれに向き合う世間なんて、まだまだ無邪気なものだったですよねぇ。


OL時代の話。某所で大宴会やってて大騒ぎしてたら、殴りこんできた隣の宴会場のOLさんがいたの。いま思えば「●●銀行●●●●御一行様」という看板ぶら下げて飲んでた私たちも悪かったと思うけど、そのOLさんがすごかった。

「わたしたち、三菱銀行のものですけど、静かにしてくださいませんか?」

ほっほぅー。
●●銀行●●●●御一行様の看板を読んでから殴りこんできたよね。
そんでもって「うちより格下なんだから言うこと聞いて当然」と思って殴りこんできたよね。
さらにこの名前を出せば相手は黙るに違いないと思ってたわけですよね。

それ以来三菱と名のつくところはそういう人たちがいる組織なんだなーって思っております。

過去にもこんなにいろいろご本が出て、問題になっていたのにねー。

2 Comments

のの吉

三菱銀行OL様すげー。
本人の担当業務内容知りたーい。
と思った次第です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください