戦乱と家族の國と青胡桃/真田丸 第25回「別離」

ブラタモリ (2) 東京駅 富士山 真田丸スペシャル(上田・沼田)

まぁ本音をいうと、利休の死よりも捨松の死よりも大泉洋の「こしょこしょこしょ」よりも大泉洋の「おこう!」よりも、なにはともあれ治部さまデーだったのですがっ!!! 治部様デーでしたよね?! 「新選組!」に続き、なんで石田三成だけ水垢離シーンで脱いでんの!? そんでなんすか、あの白くて綺麗で太い腕は!? 鍛えてるんですなぁー。

今週の退場者
千利休(桂三枝) 利休の死にも茶々様が関わっているなんて!怖いー!茶々様ちょうこわい! でも、桂三枝でもなく、伊武雅刀でもない、千利休を見てみたかったわよねー。國村隼とか。
捨松(鶴松)様(早坂ひらら) 
豊臣秀長(千葉哲也) 秀吉と違って常識的な弟として描かれていましたね。

今週のコント
捨松様がいまお亡くなりになってしまうかも・・という宮廷政治?を繰り広げている傍らで、山手殿がもってきた高価な薬草を片桐且元様がうっかりと無駄にしてしまうという贅沢なコントを! そしてその数分後、やっとできた結晶を、昌幸が「うん、これなら大丈夫!」とパクリと口にしてしまう一大コント・・・。とかやってる間、沼田では「えー、俺の城だもーん、甥っ子のくせになにいってんの?」と矢沢おじいちゃんが駄々をこね、上田に帰れば「怒ってるそなたの顔も悪く無いよなー」などと稲たんに色気を出した大泉信幸がこしょこしょとして拒否られて前カノにぬくもりをもとめるあたりとか。さらにもう一度お伝えしますが、上半期最大のサービスシーンなど、盛りだくさんな回でした。加藤清正も福島正則も正装なのに、なんで三成だけ脱ぐのー!!!!

お家の存亡をかけた外交をしている間にも、刃を交えずとも静かに戦っている間にも、家族の営みがこしょこしょしたりズッコケたりしながらも粛々と続いていく、というよい回でしたね、上半期最後の日だったので大変な詰め込みっぷりではございましたが。そう、上半期が終わるんだよなー。

でもさー、伊達政宗が都合2回くらいしか出てこなかったり、滝川一益がナレーション退場したり、戦国武将たちがこれだけ登場してきて、それぞれがキャラクターをきちんと立てて、それぞれが贅沢に使い捨てられていく大河ドラマも珍しいわよねー。もとは信濃の一国衆に過ぎなかったのに、なんてゴージャスな躍進っぷり! これからも楽しみですなー。

【Amazon.co.jp限定】真田丸 完全版 第壱集(「真田丸」扇子付) [DVD]

2 COMMENTS

ukasuga

「あんなことしなくても、真田丸に飽きるわけないじゃないですかー」って思いましたよ、今月一番ニヤニヤしながら☆

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Notice: Trying to access array offset on value of type null in /home/users/2/oops.jp-mouse-design/web/wp-kimonomichi/wp-content/plugins/amazonjs/amazonjs.php on line 637