野球と俳句と着物と旅と仕事と猫と酒

プロ野球2017 キモノの国のエクソダス

この映画を見よ!

二十年経って明細持ってきた/映画「T2 トレインスポッティング」

更新日:

T2 トレインスポッティング (字幕版)

amazon でレンタルして。「さて疲れたので今夜は映画をレンタルしてみるかな」と決断してから実際に映画を見始めるまで、2分もかからないんだもの。こんな便利な世の中じゃ、ツタヤもガンガン閉店していくのも致し方ないね。

あらすじはeiga.comから。
閉塞感漂う英国の若者の冴えない青春の日々をスタイリッシュな映像と音楽で描き出し、90年代青春映画のエポック・メイキングとなった「トレインスポッティング」。本作は主演のユアン・マクレガーやダニー・ボイル監督はじめ、オリジナルの主要キャストとスタッフが20年ぶりに再結集して贈る待望の続編。20年ぶりに故郷に戻った主人公と、中年となっても相も変わらぬ荒んだ日常を送るかつての仲間たちとのほろ苦い再会の行方を綴る。共演はユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライル、ケリー・マクドナルド。

 スコットランド、エディンバラ。仲間を裏切り、大金を持ち逃げしたマーク・レントンは、オランダから20年ぶりに帰郷した。母は既に亡くなっており、実家には年老いた父が一人で暮らしていた。一方、ジャンキーのスパッドは妻子に愛想を尽かされ、孤独に押しつぶされようとしていた。シック・ボーイことサイモンは、パブを経営する裏で、売春やゆすりに手を染めていた。そして、もっとも血の気の多い男ベグビーは殺人を犯して服役中。20年経っても大人になりきれず、相変わらずな人生を歩んでいた4人だったが…。

エディンバラというところは大変に美しい土地ではありませんか。爽やかな季節に一度旅してみたいものですね。

マークとサイモンは「テッド」だったんですよぅーみなさん、ご存知でした? 

本作でも、スパッドにきちんと救いの光があたっていたのがよかった。あんな乱暴者のベグミーにしんみりさせれられるとはお釈迦様でもおもいつかめぇ。ところどころに挟み込まれる過去の「トレイン・スポッティング」の映像の中のヤング・ユアン・マクレガーの美しいこと、そしていまのユアン・マクレガーのトム・ハンクス化といったら! 前作の映像が長さにして5分ほど挟み込まれているので、その分「ダニー・ボイル監督はちょっと手を抜いたんじゃぁなくって」などととっちめたくもなります。

若いブルガリア娘に「あんたたちは昔の話をしてばっかりね」と呆れられるシーンがありますが、このシーンがミッキー・ロークの映画「レスラー」に重なりました。「80年代サイコー!」「OASISが全部壊しちまったんだー」と初老の男と女が酒場で盛り上がるシーンです。切ない。そしてみんな頭髪のラインが後退してる。切ない。

それにしても、「こんな四十六歳になるなんて思ってなかった!」というマーク・レントンの魂がのっかったセリフ、重かったぜ、染みたぜ!

トレインスポッティング(字幕版)

今週のニュース
・トイザらス、身の振り方を考え始める
・GAPとバナナ・リパブリックも身の振り方を考える
・太陽フレアで極大オーロラが世界のあちこちで
・大仙市で地震

--
二回見終わってからの追記。

それにしてもやっぱり大爆笑映画な側面は否めなくて、「あの女のことを覚えてるか?お前の初めての相手さ」「(・・・トゥクン・・・)あぁ」「俺にとっても初めてだったがな」とか、家に帰ってきたベグビーは奥さんがベッドの中で頑張ってくれるんだけど「なンでエレクチオンしないのよぉー」な状態を脱することができず苛立ち、敵対する団体をdisる歌をでっち上げるシーンではノリノリになった会場と一体化したグルーブ感がプププだったり。

わたくし、劇場で見ていたらかなり大きな声で笑ってしまっていたと思います。迫りくる老いも、自分よりはるかに立派に成長していく息子たち、大御所俳優とってもいいのに四十代半ばの全裸を惜しげなくさらしお尻をだしたユアン・マクレガーも悪くないです。これからまた10年後の四人の話をみてみたいです。「あぁ、うん、それが老後というものよね」と洋の東側から激しく頷こうと思いますわ、「同級生ですやん、わたしたち」と言いながら。

-この映画を見よ!

Copyright© プロ野球2017 キモノの国のエクソダス , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.