野球と俳句と着物と旅と仕事と猫と酒

プロ野球2018 キモノの国のエクソダス

この映画を見よ!

テロリストよりも怖いよアメリカ軍/クリント・イーストウッド監督 映画『15時17分、パリ行き』

投稿日:

15時17分、パリ行き (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

あらすじはeiga.comから。
「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」の巨匠クリント・イーストウッドが、2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を主役に、事件に至るまでの彼らの半生を、プロの俳優ではなく本人たちを主演に起用して描いたドラマ。

2015年8月21日、オランダのアムステルダムからフランスのパリへ向かう高速列車タリスの中で、銃で武装したイスラム過激派の男が無差別殺傷を試みる。しかし、その列車にたまたま乗り合わせていた米空軍兵のスペンサー・ストーンとオレゴン州兵のアレク・スカラトス、そして2人の友人である青年アンソニー・サドラーが男を取り押さえ、未曾有の惨事を防ぐことに成功する。映画は、幼なじみで親友同士のスペンサー、アレク、アンソニーの3人が出会った少年時代や、事件に遭遇することになるヨーロッパ旅行の過程を描きながら、ごく普通の若者たちが、いかにしてテロリストに立ち向かうことができたのかを明らかにする。

なななんと、イーストウッド監督、いろいろ試行錯誤して考えたあげく、「めんどくせー! もー俳優使わず、本人たちに出てもらうわ」とその列車に乗り込んだ人たちを全員寄せ集めて映画を一本とっちゃった! すごい! 解説というか、ギリギリネタバレしてない映画情報はこちらから!
みやーんZZ:町山智浩 映画『15時17分、パリ行き』を語る

いや、もう、えー、この青年たち、俳優じゃないの? ほんと? まじで? この乗客たちも? このえらい目にあって悶絶するアメリカ人も? 俳優じゃないの、ほんとに? 俳優じゃないのに、こんな、えええーまじで? いやいやだって、最後にでてくるこの映像って実際の映像ですやん、わたしも過去にNHKの海外ニュース総まとめ番組で見たことありますもの! いや、もう職人芸もここまできたらほんっとすごいですわ、クリント・イーストウッド監督!!!

ギンレイホールで絶対やるとわかっていてもね、いの一番に見ておきたかったの、この映画!もうね、思いがけずにね、主人公が自ら刻んだ伏線を回収していく人生というのがね! ほんとしゅごい、イーストウッド監督・・・。もー、みなさまー、ご興味ありましたらぜひ!! 「テロリスト世界ふれあい街歩き」っていう感じでもありますが、みなさまぜひ!  あとね、イーストウッド監督作品って、ゆるぎない上品さがあるの。その辺も含めてぜひ。素晴らしい作品でした。90分という短さもぐっとくるね!

グラン・トリノ (字幕版)

-この映画を見よ!

Copyright© プロ野球2018 キモノの国のエクソダス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.