野球と俳句と着物と旅と仕事と猫と酒

プロ野球2018 キモノの国のエクソダス

とるにたらない日常

執念の集積所や桜蘂/ゴミ捨てルールを無言のプレッシャーで実践させた話

投稿日:

いま、住んでるところはお屋敷跡にドカンと建てられたと思しきほぼ正方形のマンションで、南向き住戸の住民はほとんど入れ替わっておらず、北向きの部屋には「マンション買う頭金が貯まるまで!」な感じの若夫婦が多く、そちらは割と入れ替わりが激しめ。

で、ゴミ集積所。もうね、資源ごみをみなさんもっと思いやりをもって捨てませんこと? ペットボトルの中をゆすいでキャップとラベルをはずのってそんなに手間? それをなんでわざわざレジ袋に入れて捨てるの? 甘い液体のべちょべちょが残ったまんまで管理人さんが難渋してるよ? ガラスのお酒の瓶もストロングゼロや氷結果汁も洗わずにベチョベチョーノなレジ袋に入れたまま、捨てるのなんで? そんなん洗ってちょっと乾かして、缶や瓶だけ捨てればええですやん。そうすりゃ管理人さんも楽ですやん! 

という思いをふつふつと込めながら、きれいなゴミ捨てを続けておりましたら、今年になって多くの住民がそのような捨て方をするようになってきたことに気が付きました。よーしよしよし! 素晴らしい。この調子で「このマンションのゴミの捨て方は、Noレジ袋、すっきり派」という意識を共有していっていただきたい! 

きれいにゴミを捨てられない飲食店ってあまり信用がおけないんだけど、ゴミ捨てに人格出てる気がするので、ほんと気をつけたい。

関係ないですが、その集積所の新聞紙コーナーをみると「あ、この人、百貨店のお菓子売り場でバイトしていたか、別の結束作業が必要な夜の職場で仕事してた人なのかしら」と勘ぐりたくなっちゃう、それはそれは素晴らしいゆるぎのないがっちりした縛りのゴミがありまして、やるなーと感心しております。花と蛇。

アフター5の女王たち(3) (星海社COMICS)

-とるにたらない日常

Copyright© プロ野球2018 キモノの国のエクソダス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.