草笛の音次郎

これ、ヒグマの枕にどうかしら? ヒグマクラ、ププ・・・。
ヒグバナーがようやくorg版に変わりましたよ。
皆さん、よければご利用くださいませ。
草笛の音次郎
草笛の音次郎 山本 一力
股旅ヒーローもの。ピカレスクものとでもいいましょーか。
清清しかったわねー。与力の寺田さんがいい。すごくいい!
歌舞伎役者の息子たち世代をきちんと配して、映画化希望。
おまけ、ヒグマ更新
バッテリー
バッテリー あさの あつこ
岡山弁少年野球児童小説。千鳥の演技を思い浮かべながら、こちらも爽やかに。少年というものはこういうものなのね。大人ならさくっと読めるので、「あー。野球ってなんだったけなー」って時にどうぞ。
諸般の事情で週末あけておりましたが、事務所に戻ったら部屋が涼しくて、涼しくて驚いた。・・・うん、エアコンつけっぱなしだったんだね・・・。わーん!!!!
中日が強くて強くて、私は毎日磐石の気分でスコア結果を見ているのだけど、中日が強くたって、プロ野球はちいとも盛り上がらないねぇ。日本シリーズを優勝しても、落合監督はさほど賞賛されないような気がするのよ。これも切ない話じゃて。しかし、巨人が弱くて、アンチな私でもそれじゃさすがに不甲斐ないと思うのよ。ところで、今週発売のヤングサンデーで、かわぐちかいじさんが山際淳司さんの「江夏の21球」を描くそうでして、ちょっと楽しみよ。
あー、来週から甲子園かー。早稲田実業と日大三高の試合結果をニュースで見た後、はたして、これらの死闘を勝ち抜いた高校たちと、「えぇー、佐久長聖に勝っちゃったの?」的な長野県代表の松代やら出場校全16校しかない鳥取代表が同じ球場に立つというのもなんだか酷な話じゃて。それでもそういうそんなに強くない地方からひょこっと出てきた高校が、準決勝にまでなぜか駒を進めちゃったりするんだから、野球ってのはわからない。

3 COMMENTS

masae

姐さん
ご無沙汰しております。
読みました。「山本一力」
いいですねえ
喜八郎さんですって。損料屋の
いやー、かっこいい、渋い、粋、、、。
「濃紺木綿のあわせ姿。細縦縞の綿入れ半纏をはおり、右手には鹿の子絞りの巾着袋」
最近は、このあたりも気になってたまりません。
そして、あかね空
仰るとおり、どの作品でも、それぞれが分相応に自分の仕事を精一杯にがんばり、それでも、つまずき、健気ですねえ。

返信する

職業が軸になっていると、時代小説への感情移入の度合いが俄然違ってきます(私だけかもしれませんが)。
以下、ご存知かもしれませんが、糸井さんところでの対談です。
http://www.1101.com/ichiriki/

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください