吹替の藤木直人はうまかった/ディズニー映画「リメンバー・ミー(原題 Coco)」

Coco/ [Blu-ray]

姉ちゃんが「見なさいよ、あたい号泣しちゃったんだから」と勧めてきたので見てみました。メキシコの死者の日を題材にしたディズニー映画。死者の日といったら、「007 スペクター」でトム・フォードのスーツをビシッときたダニエル・クレイグがバシッと暴れるあの作品を思い出しますが、その日を巡るある一家の物語。

ディズニー映画は吹替版がしっかりしているので、迷わず吹替版で。作品の説明文には吹替「石橋陽彩/藤木直人」とある。ふーん藤木直人が出てるんだーくらいの気持ちで見た、見終わった、案の定鼻水ダラダラ垂らしながら泣いた、そして藤木直人はどこに出ていたのかと気になった。「主人公の父親役だったのかな、ちょい役だったけど。有名な俳優の名前を客寄せのために?記載する?みたいな?」などと思いながら調べてみたら主役を演じていたのが藤木直人だった。

 えっ、うそ。

うまいですやん。ずいぶんお上手ですやん。これミュージカル作品なんですけど、歌もお上手なんですけど? 俳優さんの吹替ってみんなメッタクソな評価下しますけど、藤木直人は上手でした。棒読みじゃないし、違和感ないし、生き生きとしていたし。あら意外、藤木直人にこんな才能が! 

この作品はディズニーで大々的に公開された作品ではないようなのですが、大人も楽しめる内容で、そしてしんみりと「現代の風潮にのって軽々しく家じまいとかしていいのかしら」と考えさせられたりもする良い作品でした。音楽も素晴らしいです。作品最後にかかるエンディングソングはシシド・カフカちゃんが歌っています。105分のちょうどよい作品ですので、みなさまもぜひー。

 

NHK連続テレビ小説 なつぞら 上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください