#ポケモンGO レベル40アンロック/俺たちの戦いはこれからだ(?)/ポケモンGO関連・派生出費2020

何度も言いますが、映画を見てきただけなのに

四連休の土日、ポケモンGOの世界では「ポケモンGOフェスト2020」なるイベントが開催され、私も2000円弱のチケットを購入して参加、課せられるタスクを消化、がっつりと積み上がっていく成果、気がついたらレベル40通過、私のポケモンGO第一章が終わりました。ポケGO始めてから1年と2ヶ月と8日、そうすべては「名探偵ピカチュウ」を見た日から物語は始まったのです。

名探偵ピカチュウ 通常版 Blu-ray&DVDセット

昨年5月、映画を見に行ったときは、ピカチュウとイーブイしか知らなかったし、ポケモンに対する認識も「アニメで画面が激しく点滅し全国のちびっこがえらい目にあった」くらいしか情報がなかった(古いな)。
なのに、いまではポケモン図鑑に登録されているポケモンの個体はだいたい識別できるようになっちゃったし、毎週日曜夕方のポケアニは予約録画しているし、見かねた友人がイーブイのスマホリングを贈ってくれたしそれを愛用してるし、ポケモン刺繍のためにポケモン英語名図鑑を調べたり、クロスステッチ刺繍を始めちゃったり、あぁもう!!

レベル40の瞬間

レベル40というのは、ポケモンGOでトレーナー(ユーザーのこと)が到達できる最高レベル。それ以降はいくらやり込んでもレベルが上がらないのですが、先日こんな恐ろしげな画像を見つけてしまいました。え、レベル50が用意されているということ?

それはさておき、土曜日、ポケGOをやってる友人が「そろそろレベル40じゃない? 一緒に見届けてあげようか?」と声をかけてくれた。うわーん嬉しい。そこからまきまきでポイントを積み上げ、残すところ20000xpになったところで彼女と合流。表参道の青空美しいテラス席で泡っとした飲み物片手にレベル40達成を二人で見届けました。

あー終わってしまった。終わってしまった。ポケモン世界を堪能できて楽しかった。そしてこれは旅の終わりなんかじゃない、始まりなんだ(ほんとかな?)(ほんとかな?)。

ポケモンGO関連出費

プラダの小さいバッグ 123,800円

バッテリーとBluetoothのイヤホンと虫刺されの薬とその他いろいろを入れるバッグ。大活躍! あとこのバッグの良いところは、バッグ下部のベルト2本がホルダーになっていて折りたたみ傘やストールなんかを持ち運ぶことができるのです。まさにポケGO向きな仕様です。

Ankerの立派なバッテリー 6,800円

素晴らしい大容量! 強力! 高速!!! 頼もしい存在ですよ。

任天堂Switch 34,700円

もしかしてこのあとポケモン関連ゲームをやるかもしれないではないですか、という思いと、友人らが誕生日プレゼントにリングフィットアドベンチャー買ってくれたので。

リングフィットアドベンチャー ギフトなのでプライスレス★

友人らのお誕生日プレゼント。最高! しかもヨドバシでスルッと定価で予約購入でき、そんな情報を入手してくれたNGには感謝!

ジャスト・ダンス2020 6,380円

しかりリングフィットアドベンチャーではきつすぎる、もっと気楽にわっしわしと汗をかきたいという思いで購入。わっしわし汗をかいてます、素晴らしい。

刺繍制作関連 17,000円

外出自粛要請もあり家の中でやれることを・・とポケモンの刺繍をはじめた。最初はオリムパス社の刺繍枠・布・糸がすべてセットになっているキットを買ってきた。

しかし、それらはひとつも完成させることなく、海外のサイトで刺繍図案買って早速ポケモンのガーディらをチクチクし始めた。

オカダヤでの出費はこの半年で13,661円。その他Amazon、楽天で3,000円。そこからオリジナルミニマム図案作成という火がついた。Photoshop婦人には図案作りがとても楽しくしかも向いていた、だいはっけん! 

ポケモンGO課金 15,000円

ゲームイベントやらなにやらのチケット代も含めて。

ウエスト2cm減 プライスレス★

多い週は一週間で50km、少ないときでも25km歩くようになり、うっかりウェストcm減。みなさんもやりましょう。

関連・派生出費総額20万

ふぅ、任天堂に生活を変えさせられてしまったようです。なんと恐ろしい会社なのでしょう! 映画を見てきただけなのに、こんな目に遭わされるとは! 予想もしてませんでしたよ!

 

名探偵ピカチュウの配給がワーナー、制作がレジェンダリー・エンターテインメントというのがわたくしのハートにぶち刺さったと思うんですよね。生真面目で時として重いほど愛ある映画が生まれるケミストリーをもたらすタッグ、それがワーナーブラザーズ配給のレジェンダリー・エンターテインメント作品!

バットマンの歴史を変えた「ダークナイト」、マシュー・マコノヒーの父親としての愛を描ききった「インターステラー」、大興奮の「パシフィック・リム」と「300」、なにやっても映画の格をあげてしまうマイケル・シャノンがやっぱり素晴らしい「マン・オブ・スティール」などが代表作。どれも私の好みにドンピシャすぎる。そんな会社がつくったポケモン映画が私にハマらないわけがない!

ダークナイト (2枚組) [Blu-ray] インターステラー(字幕版) パシフィック・リム(吹替版) マン・オブ・スティール(吹替版)

というわけで、ポケモンGOのマイルストーンに到達したご報告でした。
第一部完といったところでしょうか、どうでしょうか!? 
どうなるの・・どうなるのかな?
これからも任天堂社に時折踊らされて生きていこうと思います。

 

ゲーム界のトップに立った天才プログラマー 岩田聡の原点: 高校同期生26人の証言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください