冬菫不滅のあなたへ渡す花/藤森かよこ「馬鹿ブス貧乏な私たちを待つろくでもない近未来を迎え撃つために書いたので読んでください。」

馬鹿ブス貧乏な私たちを待つろくでもない近未来を迎え撃つために書いたので読んでください。

読んだ! 面白かった! 前作の「馬鹿ブス貧乏な・・・」で描いていた世界がコロナ禍で加速しちゃったので、その大幅な補訂版です。陰謀論おじさんの名前がチラチラ出てくるけど、気にしない!! 

昨年読んだ「2049年 お金消滅」やハラリ先生の「ホモデウス」の描いてる未来社会が、藤森先生の本のなかにも姿を現してきている。223pから224pへのくだりは個人的に圧巻、ぼやぼやして生きるには長すぎる時間を、馬鹿ブス貧乏なあなたたちはどう生きるのか、ビシッと問いただしてきてくれる。

ところで我らが老齢期に迎える近未来、ちょっと楽しそうじゃないすか(超監視社会になっちゃうのかもしれないけど)。いまからでもやれることや、やるべきことがたくさんあるなと思い知ることができた。読み終わるとなぜか不思議な力がみなぎってくるのだから不思議。これを読む人は女性の人生構築法ガイドブックとして、斗比主閲子さんの「ぼーっとしている人が『自分の人生と向き合う』ためのQ&A30」もあわせて読むといいんじゃないかしら。私はこの本を二十代の頃に読んでいたらと、正直悔やんだりしましたもの。

いますぐにでも手に取って読まねばならない本も見つかった。
人類よ、死ぬまで生きろ!
死ぬまで生きろ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください