ウカを引き取りに

夕方仕事を片付けてから、もうじゅう使いのナガ姉さんところに預けておいたウカ様を引き取りに行った。五泊六日の長逗留の間に、すっかりナガ家の猫になっていたよ・よよよ。ナガノさんは、動物になぜかすごく好かれる人で(同じくらいジョージ・クルーニーにも好かれたいところです)、彼女が歩くたびに後ろをついてまわるウカ様の姿を見て、複雑な思い。
機内で、行きは『憑神』を、帰りは『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』を見た。
『憑神』は、やはりもうひとつの吉村貫一郎物語でした。妻夫木君は、必要以上にエロいような気がするのじゃがなんでじゃろうかね。ラストシーンはあれでいいのかなー? 蛇足に見えましたが。
『東京タワー…』は、リリー・フランキーの彼女役を松たか子が演じているのをみて安心した。あの役は、どこか品のいいお嬢さんでないと映画としてのすわりが悪いような気がしていたので。どちらも機内食食べながらはらはら涙した。
ウカはちょっと頭が足りなくて変な知恵がつかないから、飼いやすいのかもしれないと最近思うようになりました・・・ナガねえさんともそれは意見が一致しましたよ、ヨヨヨヨ。

2 COMMENTS

ナガ

ウカももうちょっと大人になったら多少知恵がついて、
さすがに自分からキャリーバッグに入っていくことはなくなると思うよ!
急に家が静かになっちゃって、ナガさみしい……。くすん。

返信する
スガ

よよよー。お世話になりました。
ナガ家にウカを運ぶとき、キャリーバッグにネズミのおもちゃを放り込んだら、「なになになにー?」って自分から入っちゃったんです・・・ばかっ、うかの馬鹿っ! 悪い人に連れていかれちゃうよ!
相変わらず食が細いので心配です。どうしたもんだか。でも今、ゴハン食べてすぐウンチしたみたい。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください