冬木立ひそと二人の七回忌

両親の七回忌を済ませてきた。

中央線沿いの駅で姉に拾ってもらい高速道路で一路実家方面へ。そこで立ち寄ったサービスエリアで、思い詰めた表情をした姉が「何度も計算したんだけど、今年がお父さんの七回忌であってるよね? あってるよね!?」と聞いてくる。えっえっまさかそんな、中央道のサービスエリアの駐車場で黒い服を着た姉妹が揃ったこの時点でそんな爆弾情報を? 「ここまできたからにはたとえ年次が間違っていてもやるんだけど」と私をぎっと見つめる。見つめられながら「七回忌 早見表」で検索すると、祭礼業者のサイトがヒットした。

「姉ちゃん、大丈夫! あってる! 今年であってるよ!」
「よかったぁぁ」

寺からは「小さいのでいいから遺影を持ってきて」と頼まれていて、「はて・・・小ささとは・・」となり姉妹それぞれの家でかけている遺影を持っていった。お寺の駐車場で皆でそれぞれのものを見せあったが「こんなイエーイって感じの遺影は使えないよ」と私が持っていったものは却下された。残念。結局真面目そうな顔のものをかけることにした。イエーイって感じの遺影、最高なのにな。

 

墓参りのあと、長野県の超優良企業「かんてんぱぱ(伊那食品工業)」の「かんてんぱぱガーデン」に立ち寄ってみた。新しいショップ「monterina(モンテリイナ)」でみんなで昼食代わりのおやつを食べた。二階がイベント会場と雑貨屋さんで、一階がカフェと日本中のおいしいものを並べたショップ。なにこれおしゃれ~!!! モンテリイナという店名が「マウンテン」と「伊那」をつなげた名前という素朴さにも微笑んじゃう~! 伊那市近郊の若者の就職先も確保されて素晴らしいことですね。見習いたい。

先日買ったロンシャンのトートバッグに父母の位牌と遺影を入れて出かけましたが、帰る頃には化粧箱入り市田柿やら姉たちから「あ、これ、年末の法事のお返し」「ひー北信のお返し立派すぎる!」といったものやらなにやらお土産やらなにやらを詰めこんでパンパンになりました。それでもびくともしない大変な収納力です、ロンシャンやるなー。

 

 

リストラなしの「年輪経営」: いい会社は「遠きをはかり」ゆっくり成長 (光文社知恵の森文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください