お金の習慣


節約情報ってわけじゃないんだけど、今日の「私はこれで小金を貯めました」情報。私のいう「小金貯めました」は、主に「いやーん、今日もかわいい着物に出会っちゃった☆」とか「鞄病が治らない・・・」といった女性向けの内容ですので、しっかり者の方たちはスルーしてください。
高橋書店のポケット家計簿は一週間が見開きになっており、そこでお金の出入をまとめることができます。日曜の夜に一週間分を締めて、それを記載します。これにより、週にいくらくらい使うのか、どのくらいのお金があれば自分は(自分の家族は)暮らすことができるのか、というのがだいたい把握できるようになります。ここからは、わかりやすい数字で話を進めます。
たとえば、一週間に5万円使う人なら一ヶ月4週間で20万円の現金が必要となります。
そういう人は月始めに20万円を銀行から下ろしちゃいます。ATMの前へ極力立たずに済むようにするために、先に必要金額を全額手元においておくのです。『お金が足りなくなるたびにATMでお金を下ろす』、という習慣を捨て去るのです。
銀行の袋にこの20万を入れて袋の口をクリップで止めます。それをファスナーがついたポーチなどに入れます。その際、暗い鞄の中でも目立つ色のものにしておくといいです。そのポーチは、バッグの中に入れておきます。
お財布には1万円と数千円、つまり、これだけあれば、なんとか一日もつだろう、というギリギリを入れておきます。たとえば、友達に急に会って、一緒にゴハン食べることになったときとか、会社で上司のご家族に不幸があって夕方から通夜に行くことになったとか、いろいろありますよね。そういうときになんとかなりそうな金額だけ財布に入れておきます。
さて、さっきのお金ポーチの話に戻ります。外出時にその20万円袋を携帯してもいいですし、全額を持ち歩かずに、さらなる不測の事態用に数万円入れて同じようにポーチに入れて持ち歩くのもよいでしょう。数万円持ち歩くのは、クレジットカードを使う習慣も減らすためです。またお財布に入れておかないのもポイントです。
とにかく「なにがあっても、ATMには月に一度しか行かない」という習慣を身に付けるのです。
ちょっとした小銭が必要でも、ATMだとついまとめた金額を下ろしたくなっちゃいます。お財布にお金があるとつい使いたくなっちゃいます。まず、無駄にお金をおろす習慣を捨てましょう。
なぜお金を財布でなく、ポーチに入れるかというと、お金を取り出すのを面倒にするためです。バッグの中に手を入れる、ファスナーのついたポーチのファスナーを開ける、銀行の袋のクリップをはずす、という障壁を全て越えるのは意外と面倒。しかし、現金は手元にあるから、安心感といつでも一緒。週の終わりには、「わっ、まだこんなに万札が残ってる」とにまにまするのがよいでしょう。今月もそろそろ終わりですが、これを習慣づけてから、残る枚数がどんどん増えてきています。あら、まぁ大変☆
無駄に買わない・おろさない、うむ、大事大事!
(私は、本当に稼いだお金はぜーんぶ布や着物やバッグに使っちゃうという気前のよいドンブリっ子だったのですよ。ここまで意識が変わるんだなーと自分でおのろいています。)(でもそういうドンブリっ子がいないと経済ってまわらないんだよなー)(バランスよくな! なにごともな!)

4 Comments

ようこ

買いました。ポケット家計簿。立ち寄った三省堂でふと見るとワゴンに積んであり、「買え~」と呼びかけてきました(^^;)。スガさんにもチラ見させていただきましたが、実物をじっくりみて納得。来年は、このどんぶり体質を改めます!(必要なお金はきちんと使いたいと思います)

返信する
スガ

>(必要なお金はきちんと使いたいと思います)
大事ですよね! それですよね!

返信する
よっしぃ

私も買いました!「ポケット家計簿」
今から付けたくてウズウズしていますが、私の場合はネット通販で色々買ってしまうのがよろしくないので精神力の問題が大きそうです。
あ、あと少し前にコチラで紹介していらしたドルックスも購入して試してみました!頬の毛穴が10年分くらい引き締まりました!
化粧品のお値段と効果って関係ないんですね…。
良いものを教えて頂いてありがとうございます。

返信する
スガ

よっしぃ、来年から同士ね!
一週間の枠のどれかを「クレジットカード」としとくのもいいかもよ。全体の金の流れがわかるようになるから。
ドルックス、よかったんだー! 近所で全然見つからないのよさー!
大人になれば毛穴は自然に締まるものかと思っていましたが、そうでもないということを、高校時代の私に伝えたい・・・
他にも伝えたいことはたくさんあるけれど。
・初任給から貯金しろ。
・その赤いコート、すぐ飽きるから買うな
・今、気になってるあの人、別居中の奥さんいるよ!
とかまぁいろいろ・・・

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください