色男揃えすぎたよ草紅葉/映画「L.A.ギャングストーリー」

L.A.ギャングストーリー [DVD]

草紅葉超べんりな季語!!! しかしひどいなこのジャケット。

DVDで。あらすじはAmazonのサイトから。
ロス市警がキレた!
“本当にあった”警察と大物ギャングの死闘を描く迫力のアクション・エンターテイメント! !

ロサンゼルス、1949年。
ニューヨークのブルックリン生まれのギャングのボス、ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)は、麻薬、銃、売春、そして――手段さえあれば何でもするという勢いで――この街を牛耳り、さらにはシカゴから西の広い地域の賭博も仕切っている。そしてそんな彼の活動を守っているのは、彼自身が雇っている手下だけでなく、首根っこを押さえこんでいる警察や政治家たち。コーエンの勢力は、街で鍛え上げられた、極めて勇敢な刑事でさえ怖気づくほどだ……
例外はおそらく、ジョン・オマラ巡査部長(ジョシュ・ブローリン)とジェリー・ウーターズ巡査部長(ライアン・ゴズリング)率いるL.A.市警の“はぐれ者たち”から構成された少人数の極秘チームだけ。コーエンの帝国をぶち壊すために集められた“最強部隊”である。

ジョシュ・ブローリン率いる1949年のロス市警の「七人の侍」というかなんというか。激渋ポジションとしてジョシュ・ブローリンが、狂気のギャングスターとしてショーン・ペンが、優男・色男要員でライアン・ゴズリング、死亡フラグ立ちまくり要員として「テッド」でテッドを誘拐した謎の男を演じたジョヴァンニ・リビシも! 色男多すぎるんじゃない、アーハン? 「あらすじがない」とか「深みがないとか」とか「アクションが空回り」とか「キャラ造形が薄い」とかレビューサイトでは好き放題言われてますが、『深みがない』なんて批評家振りたい人が一番よく使うセリフだから無視すればいいんですよ、二時間の枠でそれ以上深められるかってんだい、そう思って楽しんでみるとよい。悪漢ノリノリ・暴力満載・モラル不要のフルボッコな特攻野郎Aチーム的な愉快な血みどろストーリーでした。いやぁ最後のシーンのショーン・ペンの情けなさがなによりのごちそうじゃて。

ジョシュ・ブローリンが格好良くて格好良くてのぅ。この時代の人達は、犯罪ひとつ犯すにもシャッポをかぶってよい生地のコートを着てるからサマになりますわね。
ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください