夏近しロシアあずみが大暴れ/映画「SALT」

ソルト デラックス・ディレクターズ・コレクション [DVD]

アンジェリーナ・ジョリーが演じるはCIAで働く女スパイのイブリン・ソルトちゃん! 彼女は、実はロシア政府が子供の頃からエリートスパイ養成機関で仕込んできた二重スパイなんですじゃ、とあらぬ疑いをかけられちゃう! アンジーちゃんの冒険がいま、始まる!!!

というお話でした。ロシアのエリートスパイ養成機関で、まるでアメリカ人のように振る舞うように仕込まれるってのゴルゴ13の超初期作品にありましたよな。あぁこれです、これです、「モスクワ人形」というエピソードです(タイトル覚えてる自分が怖い☆)。
ゴルゴ13 (15) (SPコミックス)

アンジー姐さんはそのロシアの養成機関でいつも一位で優秀で男子たちの憧れじゃった。世界各地に散らばった同朋たちと任務が遂行できる年頃になり、そんなアンジーと再会し「君と仕事ができて嬉しいよ!」などとやりとりが。あぁ、あずみよ、小山ゆう先生のあずみの一巻ですね!

あずみ(1) (ビッグコミックス)

暴れるアンジー姐さんの体力・運動神経・反射神経・殺傷能力・破壊力、どれをとってもあずみちゃん並。素晴らしい。そんなアンジェリーナ・ジョリーを眺めるための映画です。素晴らしい。浮世離れした美女が体を張る姿を見るだけで心がときめくというものです。

ロシアとアメリカの双方の大統領を死に追いやったりしちゃおうかしらな大冒険活劇なので、アメリカ大統領が「えぇーい、ロシアがそんなことするなら、俺らは核で対抗だ!」とかうっかりやっちゃうんですよ。あぁアメリカ大統領はなんて思慮のない! そんで思慮のない彼は「緊急システムを解除しろ! 核だ! 核だ」とシステムを起動させるんですがね、なんでああいうとき、モニタに出される画面って無駄にかっこいいの? 「核爆弾が装填できました」というアラートがでるんだけど、それがなんでおしゃれフォントで、背景がきれいなオレンジのグラデなの? もっと殺伐としたシステムフォントでいいんじゃないの? そういう画面を作るデザイナーがCIAの中にはいるの? システム部にそんなセンスを求めたりもするの? そういうものなの? 

いやぁーアンジー姐さん、本当に凄絶なほど美しい。そういう100分程度の娯楽作品です、huluで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください