2018よかった映画10

名画座映画とかあるので純粋な2018年公開映画ではないんだけど、順不同で。

印象的だった4本

ノクターナル・アニマルズ
最高にして最悪の耽美系変態映画。監督を勤めたトム・フォード先生をなめておりました、大変失礼いたしました。煽り運転事案でもあるので、見ていると胃がぎゅぅぅとなります。
ノクターナル・アニマルズ (字幕版)

 

15時17分、パリ行き
映画とはなんぞや。クリント・イーストウッド監督がとうとう禅の境地で映画作っちゃった事案。何度見てもハラハラ涙がこぼれる。でもこれが作れるんなら、ハドソン川の奇跡もトム・ハンクス使わないバージョンで見たかったような気も。
15時17分、パリ行き(字幕版)

 

スリービルボード
ローマン・J・イズラエル

正義とは、信念とはなんぞや。ローマン・J・イスラエルでは、「女だからってすぐ差別して!」と噛み付く鼻っ柱の強いヤングガールに「差別じゃないよ、(男性としての)マナーだよ」とたしなめるもののまったくその優しさが通じないシーンが印象的だった。そういう場面、最近すごくいろいろなところで見かける気がします。

あとさぁ、スリービルボードの犯人って・・・つまり・・ですよね? だからあんなに丁寧に描いた・・・・んですよね?

スリー・ビルボード (字幕版)

ローマンという名の男 ー信念の行方ー (字幕版)

 

『映画って面白いもんですな』の3本

カメラを止めるな
ボヘミアン・ラプソディ
へレディタリー

「カメラを止めるな」は純粋に筋が面白くて、ボヘミアン・ラプソディはひたすら楽しかった。へレディタリーは「えぇーその落ち?」とズコーッとしながらもホラー映画の面白さを存分に味わえた。

カメラを止めるな!

ボヘミアン・ラプソディ【DVD化お知らせメール】 [Blu-ray]

『へレディタリー/継承』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

辛いときに見返したい3本

ピーターラビット 怒りの湖水地方
ベイビードライバー
ハン・ソロ

湖水地方の美しい風景に似つかわしくない大量の火薬「ピーターラビット」、音楽の楽しさ満載の「ベイビー・ドライバー」、「男の子ってこういうの好きなんでしょ?」の「ハン・ソロ」、どれも楽しい作品でした。「ヴェノム」はもっと「うしおととら」っぽさを足して!!!

ピーターラビット™ ブルーレイ&DVDセット (通常版) [Blu-ray]

ベイビー・ドライバー [DVD]

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー (特典映像付き) (吹替版)

その他、ビデオなどで見て印象的だったのは、「はじまりのうた」「沈黙」「スプリング・ブレイカーズ」「アメリカン・サイコ」など。2019年もよい映画を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください