荒梅雨やヘリオス酒造の軒先に/一泊二日恩納村リゾートホテル満喫ツアーの巻


島とうがらしオリーブオイルのヘリオス酒造さんの工場見学に行って来ました。建物が薄く黒く汚れているのは「醸すぞ!」の黒麹が壁面に取りついているからなんだそうです。ヘリオス酒造さんは、私にとっては島とうがらし漬けオリーブオイルの会社だけど、世間の泡盛好きな人に言わせると黒麹色の「くら」の酒造メーカーとして有名なのね。その「くら」は、ウィスキーのようにポットスチルと樫の木の樽でつくり、この冬の半年マッサンで得た知識が十分に役立った見学時間となりましたことよ。

泡盛 ヘリオス酒造 くらスーパーセレクション 43度 720ml


鬼試飲。このあとさらに5種類ほど飲ませてもらいました。憧れの島とうがらし入のオリーブオイルは店頭に在庫がなく、空港で買う時間もなく、なにひとつおみやげが買えませんでした。

ヘリオス酒造 泡盛梅酒梅千代 14度 720ml ×2本
南高梅と泡盛の梅酒が素直に美味しかった。

--
今回はヘリオス酒造の近くの恩納村のリゾートホテルに泊まりやんした。そのホテルで一番狭い部屋を予約したつもりだったのですが、おかしい、通された部屋が無駄に広い、ていうかベッドの数が多すぎる、こんなに使い切れない、ていうか私一人ですし、なんの間違いでしょうか、と思ったけど間違いでもなんでもなくほんとに一人でスイートルームを使うことに。使っても使ってもタオルが使い切れない、ツイスターゲームができそうなばかでかいダブルベッドの部屋とキングサイズのシングルベッドが2つ並んだお部屋、都合ベッドが3台、一体わたくしにどうしろと!(全部に寝てみた、メインは主寝室のダブルベッド) バスローブがなんで6枚もあるの、パジャマもなんで6組あるの、でっかいソファがなんで部屋中の至る所にあるの、アメニティのロクシタンがやはり3人前+アルファ、わたくしに一体、なにをどうしろとー、などと叫びながらゴロゴロと堪能してまいりました。30秒で眠りにつくことができた恐ろしやリネンとベッドにクラクラしてまいりましたよ。いやー最近のリゾートホテル、すげえ、侮れない、シーズン直前のお手頃価格で何の間違いだったのか、いやしかし、これまた、いやはや、ほんとにわたくしに一体なにをしろと!! ホテルの宣伝をしろとでもっ!?

滞在中はずっと豪雨でしたけどね、うふふ、さすがの雨女☆ 沖縄の梅雨ってかなり雨脚が強いのね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください