野球と俳句と着物と旅と仕事と猫と酒

プロ野球2017 キモノの国のエクソダス

旅ゆけば

流星や溢るる月と6オンス/日本の飲食業界はワイン1本でグラス6杯取ろうとしますが/お酒を飲みながらするダイエットのお話

投稿日:

カナダのレストランでワインをお願いするとき、ワイングラスの項目を見ると「6once」と明記されているんですよね。1オンスが約30ml なので、6オンス=180ml。ワイン1本が720mlなので1本で4杯提供することを前提としてるようなのですよ。なのでどこにいっても「ほほぅー、グラスでハウスワインをお願いしたのに、なんと算数が苦手な店なんでしょうか?」という結果になることが多ございました。

 6オンス = 180ml = 720ml ÷ 4

え、う、うむ? 6オンス?

翻って日本の飲食店ですと、「1本のワインで6杯取出ることを前提で計算してます」と聞きますので、

 720ml ÷ 6 = 120ml = 4オンス

ここここれは・・・・外国の方が日本にきて「ちっ、しけた量だな」と思ったりしないでしょうかどうでしょうか!!! 私は、「えー日本の飲食せこいー」と思いましたよ、えぇこういう計算をしている人間が一番セコイんですけれども! 

あ、あとどこにいってもスパークリングワインの欄にフレシネがありました。そんなに流通しているのか!

【世界NO.1カヴァ(スペイン産スパークリング)】 フレシネ コルドン・ネグロ 750ml [スペイン/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]

--
神楽坂の「なきざかな」というお店は日本酒を多々扱っているのですが、リストに載っているお酒は殆ど料金一律、重量のみで金額が変わるという明朗会計。素晴らしい。そんなに厳格に銘柄ごとに料金つけたって意味ないですものねー。ねー。

--
テレビで「ひげ面ライダーの“食べてやせよう”」前後編の後編をやっておりました。身長180~190cm前後の巨漢お二人が100kgを超えた体重におののき、美味しく食べながら、ダイエットに励むという明るく楽しいドキュメンタリです。DVDにもなっています。

で、このお二人ではないのですが、22kgを落とした男性のエピソードが登場します。眼鏡の髭男性は料理が大好きで「ワイン飲めないくらいなら死にたい。ダイエット辛い」としょんぼりするのですが、「飲んでも痩せられるよ!」という男性に会いに行き、その秘訣を教えてもらいます。

ほほぅ。赤ワインは糖度が高いのでダイエット中は控えるべし、と。赤ワインって自分ひとりで夜中に飲む酒っていうイメージないよね。私は家では白ワインかスパークリングワイン。うっかり買ってしまった何本か赤ワインを正直持て余してる。一人で飲むには重すぎるんじゃよ。

しかし「イギリス産の糖度の低い白ワインやスパークリングワイン」、申し訳ないけどそんなに美味しそうなイメージが湧かないんだけどどうなのかな。冷涼な気候なので確かに甘くはなさそうですけれども。

カクヤスのこれ、おいしいです。1080円でこれは立派なお仕事ですよー。

ノンアルコール スパークリングワイン 6本 セット 飲み比べセット 750ml× 6本 スパーリング 泡 白 ロゼ 発泡 sparkling [並行輸入品]

-旅ゆけば

Copyright© プロ野球2017 キモノの国のエクソダス , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.